ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 福島県職員採用情報 > 新規採用職員からのメッセージ

新規採用職員からのメッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月27日更新

県職員は、採用一年目から責任ある仕事を任され、とてもやりがいがある職場です。
新採用職員に現在の仕事内容ややりがいについて聞きました。日々の奮闘ぶりをぜひご覧ください。
また、このページの後半では、新規採用職員に関する研修制度を紹介しています。

※掲載内容は、各執筆時現在のものです。
※写真をクリックすると、各職員の紹介文が表示されます(PDFファイル)。 

【平成30年4月採用】

新採用職員 行政事務
(総務部市町村財政課 勤務)

新採用職員 行政事務
(県北地方振興局企画商工部地域づくり・商工労政課 勤務)

新採用職員 行政事務
(危機管理部危機管理課 勤務)

新採用職員 行政事務
(障がい者総合福祉センター総務課 勤務)

新採用職員 土木
(猪苗代土木事務所業務課 勤務)

新採用職員 農芸化学
(保健福祉部食品生活衛生課 勤務)

【平成29年4月採用】

29新採用 行政事務
(南会津建設事務所総務部総務課 勤務) 

新採用行政事務
(県立相馬支援学校 勤務)

29新採用 林業
(農林水産部森林保全課 勤務)

新規採用 薬学
(県立南会津病院薬剤部 勤務)

 

新規採用職員に関する研修制度

新採用職員サポート制度

 新規採用職員一人ひとりに「サポート職員」(職場の先輩職員)を配置し、職場での基本的なルールや業務の進め方などについて、きめ細かく指導・助言を行います。
サポート職員(イメージ)

 

 

 

 

基本研修

 職位に応じた能力を身に付けるための研修制度があり、新規採用職員研修は、前期5日間・後期5日間の合計10日間実施します。
 新規採用職員研修では、公務員倫理や地方公務員制度、文書事務・法令事務の基礎等の業務上必要となる知識のほか、住民サービス向上のための接遇やメンタルヘルスなどを学びます。

 新規採用職員研修以降、基礎的な知識等の習得に重点を置いた研修を採用後13年目まで概ね4年ごとに実施しています。
【採用後の基本研修】※平成29年度実績
 新規採用職員研修⇒基礎力アップ研修(5年目)⇒応用力アップ研修(9年目)⇒実行力アップ研修(13年目)

 これらの基本研修は、ふくしま自治研修センターにおいて、県内各市町村職員と一緒に受講します。

※その他の研修・自己啓発支援については、福島県職員採用総合案内パンフレット(p8)をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)