ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 先進的な取り組み > 児童思春期ふくしまモデル > 児童思春期ふくしまモデル

児童思春期ふくしまモデル

児童思春期外来『ふくしまモデル』の構築を進めております。

特徴1

相談を受けてから初診までの間に医療スタッフによるサポートが受けられます。

初診までお待ちいただく間に、

  • 相談員、心理士との面接
  • 保護者向けの勉強会への参加(ペアレントトレーニングや関わりのコツを学ぶ勉強会)
  • 初診前のお子さんの不安を軽減するための個別訪問

などが受けられます。まずはお電話でご相談ください。

※緊急性が非常に高い場合には、診察を早めます。

特徴2

子どもを支える「顔の見える」関係づくりをします。

幼稚園、保育園、学校、市町村保健師、児童相談所などとのネットワーク作りのための懇談会や、地域の保護者向けの講演会を実施します。

詳しくは、児童思春期ふくしまモデル [PDFファイル/290KB]をご覧下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)