ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 患者様・ご家族様 > 診療のご案内 > 児童思春期初診のご説明・流れ・治療プログラム

児童思春期初診のご説明・流れ・治療プログラム

児童思春期外来(完全予約制)

 子どもたちの心の問題は、教育や福祉の現場などで課題となっていますが、専門に取り扱う医療機関や医師は全国的に不足していて、福島県内でも診療施設は数少なく、何ヶ月も診療待ちとなっているのが現状です。

 そこで当院では、県内、特に県南地域等の児童思春期診療の充実を図るために、2011年8月より「児童思春期外来」を開設しました。

 一般の精神科外来とは別の専用の診療室等において、発達障害や適応障害などの診療を完全予約制にて実施しております。

 当院の児童思春期外来では、「ふくしまモデル」に基づいて、申し込みから診察後のフォローアップまでを丁寧に行っております。

診療対象年齢・疾患

対象年齢

3歳~18歳(高校卒業)までが対象です。

対象疾患

発達障害(ADHD、自閉症など)

適応障害(不登校など)

習癖異常(チック、抜毛など)など。
(※症状(行動)の例~以下のQ&Aをご覧ください。)

予約方法(完全予約制)

診察希望の方は、電話にて予約してください。
なお、担当医は、児童思春期担当医表をご覧下さい。

はじめて受診される方

予約受付時間 平日 9時から16時30分
電話番号    0248-44-2051(地域医療連携室)

再診の方は

予約受付時間  平日の8時30分~17時
電話番号     0248-42-3111(代表)

新患の予約状況

初めての受診を希望される方の予約受付状況は、以下のとおりです。

新患予約状況(R.8.1更新)
年月予約状況
令和元年 8月×
令和元年 9月×
令和元年10月×
令和元年11月×
令和元年12月

○・・・予約をお受けできます。
△・・・日にちによっては予約をお受けできます。
×・・・予約枠はいっぱいです。
※上記の予約状況は目安です。「○」、「△」になっている場合でも状況によっては予約がお受けできない場合がありますのでご了解願います。

初診のご説明

初診時にお持ちいただくもの

  • 健康保険証
  • 受給者証
  • 母子手帳
  • 学校の成績表
  • 学校(園)の様子のお手紙
  • (他院受診中の方は)紹介状(診療情報提供書)

初診時の流れ

玄関

矢吹病院玄関の写真

矢吹病院の入口です。

矢吹病院自動ドアの写真

こちらの自動ドアから入ってください。

受付

受付の写真

お名前をお願いします。
書いていただく書類が1枚あります。
看護師がお迎えに行きますのでそのままおまちください。

階段

階段の写真

看護師と一緒に児童外来待合室に移動しましょう。児童思春期外来は2階になります。

児童待合室

児童待機室の写真

診察まで、ゆっくり過ごしてください。
親子別々にお話をお聞きすることもあるので、その時もここで過ごしてください。

児童待合室の写真2

診察室

診察室の写真

初診は1時間から2時間程度かかります。

児童思春期外来の診療に関するQ&A

(1) どのような症状(行動)が診療の対象になりますか?

症状(行動)例

  • 授業中、先生の指示がきけず、落ち着いて座っていられない。
  • 突然キレて、手がつけられなくなる。
  • 学力の目立つ偏りがある。(読み・書き・計算などの一部だけができない。)
  • 同じ行動に強くこだわる。本人が日常生活を送る際に困る癖がある。集団行動ができない。
  • ことばが遅れている。
  • 外出せず、引きこもって家族とも話さない。
  • 学校に行くのを怖がる、学校に行けない。
  • 性格が変わったようにだらしなくなり、生活が昼夜逆転している。
  • 口数が減り、ふさぎ込み、元気がない状態が続いている。
  • イライラが強く、他人や自分の体を傷つけてしまう。(リストカットなど。)  など。

(2)治療はどのように行うのですか?

  • 問診や検査(心理検査など)による診断のほか、必要に応じて薬物療法やカウンセリングなどにより治療を行います。
  • 学校、児童相談所など関係機関と連携をとりながら治療を進めていくこともあります。

(3)どのように予約すればいいですか?

  • お電話にて「児童思春期外来」の診療予約の旨を、お申し出ください。
    外来の診療予約担当にて予約をおとりします。
  • 予約状況によっては、お待ちいただく場合や、ご希望の日に予約をお取りできない場合もあります。
  • 初診の場合は、診察に1~2時間程度の時間が必要となります。あらかじめご承知ください。

(4)対象年齢の制限はありますか?

「3歳から18歳(高校卒業)まで」を診療の対象年齢としています。

治療プログラム

当院では、お子さんのニーズに合わせて、様々な治療プログラムを準備しております。その一部を紹介させていただきます。

グループ活動

できるだけ安心した環境を提供し、2~5人といった少ない人数で活動を行います。中学・高校生の方には、お料理教室やスポーツ体験などがあります。小学生の方には、友達とのコミュニケーションの勉強会があります。

カヌー体験の写真

平成28年度カヌー体験:カヌー体験は今年度で2年目となり、前回は岸から離れられなかった方も、漕ぎ出すことができるようになりました。

プレイセラピー

お子さんと臨床心理士が1対1で行います。お子さんの特徴に合わせてプログラムを組み立てて実施しています。

プレイセラピーの写真 プレイセラピーの写真2

ペアレントトレーニング

保護者の方への支援も非常に重要であると考えており、効果的なお子さんとのコミュニケーションの方法をお伝えするを実施しております。また、ペアレントトレーニングを終了された方を中心に、親御さんたちの情報交換の場として、【家族教室】があります。

ペアレントトレーニングの写真

ペアレントトレーニングの様子