福島県農業総合センター長期就農研修について

農業総合センターでは、県内で農業経営(法人就農)を志す研修生を募集します。

栽培・飼養技術、農業機械の操作法等の実践的な研修に加え農業経営の課題解決策に必要な講義も受講できます。

【研修のあらまし】
(研修対象者)福島県内で農業により生計を立てることを目標とし、就農前に農業の知識及び技術を実習を通じて習得したい方が対象です。(申込時年齢は60歳未満としますが、センター所長が認とめた場合はこの限りでありません。)

(研修期間) 4月から3月までの1年間とし、最長2年まで延長可能です。(作型等の都合で、年度途中から研修を始める場合は、研修開始月を起点とする1年間です。)

(研修科目) 施設野菜、露地野菜、果樹、花き、水稲・畑作物、畜産及び有機栽培から選択します。組み合わせが可能な場合もあります。

(研修場所) 農業短期大学校又はセンター本部・各研究所、*農業機械、農産加工等の研修については、いずれの研修生も農業短期大学校で受講できます。

(支援制度) 青年就農給付金(準備型)の対象研修となります。

(宿泊施設)農業短期大学校(矢吹町一本木)において宿泊施設を平成29年4月より供用します。
       (宿泊経費は実費負担のみの予定です。)


1 福島県農業総合センター長期就農研修(研修科目果樹)平成29年度研修生の募集はこちらから申込んでください。

農業総合センターのトップページへ戻る


問い合わせ先:農業短期大学校研修部電話 0248−42−4114