ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 広報課 > 新聞広報「福島の挑戦!」

新聞広報「福島の挑戦!」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

 県では、新聞(全国紙)を活用し、福島を思い、前向きに挑戦を続ける「ふくしまの人」を定期的に紹介しています。
 ここでは、過去に全国紙で掲載した紙面のデータを公開していますので、ぜひご覧ください。

福島の挑戦! #12 大堀相馬焼を世界へ 親子による新しい挑戦

大堀相馬焼松永窯 窯元 松永 和生さん

大堀相馬焼松永窯の3代目窯元。震災で福島県浪江町から避難し、平成26年に西郷村に新たな窯を設けた。

ガッチ株式会社 代表取締役 松永 武士さん

松永窯3代目窯元の長男。大学在学時に起業。現在は、松永窯の新ブランド立ち上げや海外への販路拡大に奔走。

掲載紙面

福島の挑戦! #12 [ 3月25日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/7.8MB]

上記広告とあわせて、大堀相馬焼協同組合理事長 小野田 利治さんのインタビューのほか、伝統を守りながら新たな酒造りに挑戦する酒蔵の若手後継者を特集しています。

 

福島の挑戦! #11 世界の外科医を福島に 医療で拓く未来

イービーエム株式会社 代表取締役社長 朴 栄光さん

独自の外科手術訓練機器を開発し、平成28年9月に福島県福島市に「ふくしま製造開発センターFIST」を開設。福島県立医科大学の博士研究員としても活動。

掲載紙面

福島の挑戦! #11 [ 2月25日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/5.18MB]

上記広告とあわせて、「福島から産業革命」と題した本県の新産業に関する特集や、いわき市の東洋システム株式会社 代表取締役 庄司 秀樹さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #10  心まで温める食の力で人を応援したい

レストラン アルパインローズ シェフ 西 芳照さん

サッカー日本代表帯同シェフを務めながら、福島県広野町でレストランを経営。震災後、原発作業員や地元の住民を食の面から支えてきた。

掲載紙面

福島の挑戦! #10[1月28日(土曜日)掲載誌面]  [PDFファイル/5.74MB]

上記広告とあわせて、魅力的な県産品を数多くあつかう日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)と八重洲観光交流館を紹介するほか、全国で活躍する福島県泉崎村出身の料理家  本田よう一さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #9 船をつくり続けて復興を支える職人たちの歩み

株式会社 及川造船所 及川 和英さん

震災で大きな被害を受けた造船所を立て直し、平成23年夏に事業を再開。会社を引き継いだ後、創業以来初めての新卒採用を実施し、後継者の育成に励む。また、地元の商店街と連携して、洋上風力発電施設の見学ツアーに携わるなど新事業にも積極的に取り組む。

掲載紙面

福島の挑戦! #9 [ 12月31日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/5.35MB]

上記広告とあわせて、県内の復興商店街・商業施設を特集して地元グルメなどを紹介するほか、茨城県からの応援職員として川内村に勤務する保健師 中山 友子さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #8 「富岡」の名を胸に仲間とサッカーに打ちこんだ高校生

福島県立富岡高等学校 女子サッカー部  秋元 遥さん

幼少の頃、父と兄の影響でサッカーを始める。富岡高校サッカー部に所属し、点取り屋のフォワードとして活躍。卒業後は大学でプレーを続けながら指導者を目指す。

掲載紙面

福島の挑戦! #8[11月26日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/6.05MB]

上記広告とあわせて、フラダンスに青春をかけた高校生やフラガールを紹介する特集のほか、いわき市出身で被災地復興に取り組むチームスマイル代表理事 矢内 廣さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #7 「農地を再生し、美味を追求した高原野菜」

有限会社 南会津高原ファーム 代表取締役社長 須藤 愛美さん

下郷町で大規模な高原農場を経営。多数の直売所を拠点に、消費者の食卓と農家を直接つなぐ活動に取り組む。

掲載紙面

福島の挑戦! #7 [10月29日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/4.39MB]

上記広告とあわせて、食味ランキングで最高ランクの「特A」を獲得する福島県産米の特集や、古殿町出身で、「分とく山」(東京)の総料理長を務める野﨑 洋光さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #6 「あらゆる人に使いやすく優しい漆器」

合同会社 楽膳  代表社員 大竹 愛希さん

障がい者を支援するNPO法人シャロームで活動し、平成18年に合同会社楽膳を設立。障がい者の声を生かした漆器づくりで数々の賞に輝く。

掲載紙面

福島の挑戦! #6 [9月24日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/6.8MB]

上記広告とあわせて、会津漆器による産地活性化の取り組みや、昭和村に移住して奥会津の魅力を発信する菅家 麻弓さんのインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #5 「福島の酪農家が魅力ある農業を次世代につなぐ」

株式会社フェリスラテ 代表取締役社長 田中 一正さん

平成13年に飯舘村で新規就農。震災後、福島市で酪農仲間と株式会社フェリスラテを共同設立し、大規模牧場の経営に取り組む。

掲載紙面

福島の挑戦! #5 [8月27日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/6.21MB]

上記の広告とあわせて、国内ワインメーカーのメルシャンで造る白ワイン用の高級ブドウ品種「シャルドネ」が生産されている会津美里町新鶴地区の紹介や、メルシャン代表取締役社長CEO 横山 清 氏のインタビューを掲載しています。

福島の挑戦! #4 「世界に発信! 社会で役に立つ高校生のものづくり」

郡山北工業高等学校コンピュータ部 : プロフィール

ロボットや電子部品を使い、実生活に役立つ技術開発に取り組む。平成26年に参加した国際大会では防災ロボットで世界一を獲得。今年は初の2チーム同時入賞を果たした。

掲載紙面

福島の挑戦! #4 [7月30日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/4.52MB]

上記の広告とあわせて、アートで地域を盛り上げる活動をしている郡山出身の鏡沼 葵さんのインタビューなど、福島の若者にスポットをあてた記事を掲載しています。

福島の挑戦! #3  「世界一薄い絹織物で挑む-川俣シルクの新たな可能性-」

齋栄織物株式会社 常務取締役 齋藤 栄太さん : プロフィール

昭和56年、福島県川俣町生まれ。家業の織物会社である齋栄織物の3代目として、世界一薄い先染絹織物を開発するなど、川俣シルクの可能性を追及している。

掲載紙面

福島の挑戦! #3 [6月25日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/11.03MB]

上記の広告とあわせて、南相馬市立総合病院で英語指導助手を務める米国出身のレポード・クレアさんのインタビューのほか、千年続く騎馬武者の祭典「相馬野馬追」の魅力について紹介しています。

福島の挑戦! #2 「大空を舞台に世界と戦う」

曲技飛行パイロット 室屋 義秀さん : プロフィール

平成11年から福島市を拠点にして、世界各国でパイロットとして航空ショーや飛行機レースに挑戦し続けている。平成28年、福島県スポーツアンバサダーに就任。

掲載紙面

福島の挑戦! #2 [ 5月28日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/8.55MB]

上記の広告とあわせて、世界チャンピオンを目指すいわき市出身のボクサー 細野 悟 さんのインタビューのほか、福島県などにまたがる尾瀬国立公園や国内外から観光客が訪れている「只見ユネスコエコパーク」など、魅力あふれる「福島の自然」について掲載しています。

福島の挑戦! #1 「世界が認めたふくしまの酒」

ほまれ酒造株式会社 代表取締役 唐橋 裕幸さん : プロフィール

ワイン製造・販売会社、米国留学を経て平成23年、ほまれ酒造株式会社の4代目社長に就任。世界に認められる日本酒づくりに取り組む。

掲載紙面 

福島の挑戦! #1 [ 4月30日(土曜日)掲載紙面] [PDFファイル/12.51MB]

上記の広告とあわせて、鶴乃江酒造の女性杜氏 林 恵子さん、ゆりさんの親子インタビュー、観光の魅力を国内外に発信する「福が満開、福のしま。」福島県観光キャンペーン2016などについて掲載しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。