ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 広報課 > 『MIRAI 2061』ふくしまの希望を描くショート・ミュージカル・ムービー公開!

『MIRAI 2061』ふくしまの希望を描くショート・ミュージカル・ムービー公開!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月19日更新

MIRAI2061ポスター画像福島県は、クリエイティブディレクター箭内道彦さん監修のもと、2061年の福島県を舞台にしたショート・ミュージカル・ムービーを制作しました。
タイトルは、「MIRAI 2061」(ミライ ニーゼロロクイチ)。

世界的にも高く評価されている映像ディレクター 児玉裕一さんが監督となり、福島の各地に実際に足を運び、歴史に想いを馳せて描いた未来の物語。2061年の福島県を舞台に、おばあちゃんから娘へ、そして孫へと受け継がれる健やかな命や、その間に変化したもの、変わらずに紡がれているものを表現しています。

主人公“福島ひかり”役を演じるのは、女優の清野菜名さん。
福島県出身の俳優西田敏行さんも特別出演していただきました。
また、バックダンサーは福島県内で活動するダンスチームから選抜されたメンバーが務めています。

この動画の撮影風景を追ったドキュメンタリー映像も掲載しておりますので、併せてご覧ください!

▼「MIRAI 2061」特設サイト
http://ch.pref.fukushima.lg.jp/mirai2061/

■「MIRAI 2061」のDVDを 無料 でお送りします!
福島県を応援いただける県内外の企業、団体、商店、自治体等の皆様へ、施設内やイベント等で上映していただけるよう、DVDディスクを1枚、無料で発送いたします。
こちらのリンクからDVD申込書をダウンロード [PDFファイル/2.58MB]し、印刷して必要事項を記載の上、配送事務局あてにFAXでお申し込みください。
※DVDの枚数には限りがございます。配布予定枚数を終了次第、予告なく終了する場合がございますのであらかじめご了承ください。

■ストーリー
時は2061年。
ひかりが孫娘のみらいと散歩にきたのは、雄大な自然と美しい建造物が調和した、福島を代表する憩の丘〈ジェビレーヒルズ〉。
ドローンが3秒でランチを届けてくれる・・・
そんな時代に、ひかりは改めて時の流れを感じ、あの頃から50年の間に起こった世界の様々な変化に想いを馳せる。

ひかりは腕のブレスレットをこすると、ちょうど若い頃(2011年)の姿になった。この時代のホログラムARシステムを使うと、どんな姿にでもなれるのだ。そして、優しく歌うように昔話をはじめる・・・。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)