ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民広聴室 > 福島県の公益通報者保護制度

福島県の公益通報者保護制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月17日更新

「公益通報者保護法」

 近年、事業者内部からの通報がきっかけとなって、国民生活の安全や安心を損なうような企業不祥事が相次いで明らかになりました。この法律は、そうした法令違反を労働者が通報した場合に解雇や降格・減給などの不利益な取り扱いから労働者を保護し、事業者が法令を遵守して企業経営をしていくことを目的としています。

通報先は、

  1. 事業者が設置または指定した通報窓口
  2. 通報内容について権限を有する行政機関
  3. 報道機関や消費者団体

などです。

福島県の公益通報者保護法に関する処理について

福島県庁が通報先となる法律及び通報先 【下をクリックしてください】

福島県が通報(相談)先となる法律及び担当機関 [PDFファイル/325KB]  (令和4年1月現在)

 

福島県の公益通報に関する諸手続の概要は以下のとおりです。

福島県の対応 [PDFファイル/126KB]

福島県の公益通報における外部通報に関する実施要綱 [PDFファイル/98KB]

福島県の公益通報制度の流れ [PDFファイル/350KB]


<リンク先>消費者庁 公益通報者保護制度ウェブサイト 

公益通報者保護制度に関する詳細な情報は、上記サイトをご覧ください。


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はダウンロード(無償)をお願いいたします。Adobe Readerのダウンロードへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)