ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 施設管理課 > ボイラー設備保全管理業務入札に参加するための必須資格要件等

ボイラー設備保全管理業務入札に参加するための必須資格要件等

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新
 ボイラー設備保全管理業務
 

必須資格要件

申請に必要な資格要件は、次の資格を満たす者であること。

資格の名称

根拠法令

資格の内容

  1. ボイラー整備士

ボイラー及び圧力容器安全規則第35条

ボイラー及び第1種圧力容器の整備

 

関連資格

関連資格は入札参加資格の要件ではありませんが、有資格者の基礎資料として発注時の参考にしています。

資格の名称

根拠法令

資格の内容

  1. 特級ボイラー技士

労働安全衛生規則第69条

すべてのボイラーの取扱作業主任

  1. 1級ボイラー技士

労働安全衛生規則第69条

伝熱面積500平方メートル未満のボイラーの取扱作業主任

  1. 2級ボイラー技士

労働安全衛生規則第69条

伝熱面積25平方メートル未満のボイラーの取扱作業主任

  1. 丙種危険物取扱者

消防法第13条の2第1項及び同条第3項

ガソリン、灯油、軽油、第三石油類(重油、潤滑油及び引火点130度以上のものに限ります。)の危険物の取扱作業が可能

  1. 乙種第4類危険物取扱者

消防法第13条の2第1項及び同条第3項

ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物性油類等の引火性液体の危険物の取扱作業が可能


<連絡先>施設管理課〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 電話:024-521-7080 Fax:024-521-7903 shisetsukanri@pref.fukushima.jp