ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県北地方振興局 > 定住・二地域居住移住者インタビューのページ3

定住・二地域居住移住者インタビューのページ3

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月6日更新

No.3 亀岡  聡 さん

◇ 暮らしやすい桑折町、大好きです。
インタビュー画像
 

プロフィール

    名前:亀岡  聡(かめおか さとし)さん

    移住前居住地:東京都品川区

    現居住地:福島県桑折町

    移住した年代:30代

    家族構成:妻、長女、次女

    移住スタイル:孫ターン

    仕事:果樹(桃)栽培

Q.この地域に移住したきっかけ、決め手になったのは?

 叔父夫婦が桑折町で果樹栽培をしており、自分もこの地で桃を栽培したいと考えていたところ、叔父の跡継ぎがいないということで将来継業するということになりました。

Q.移住前の福島県(今住んでいる市町村)のイメージは?

 自然が豊かで、人が温かいと思いました。

Q.前の仕事、今の仕事は?

 前の仕事は東京で飲食店の店長をしていました。今は桃の栽培をしています。

Q.移住に当たり活用したサポート(補助金等)は?

 移住してきて1年目は県の農業総合センター果樹研究所で勉強したのですが、その間、県から給付金を受けました。

Q.移住先での住まいについては?

 現在は叔父宅の敷地内にある家に住んでいます。

Q.都会暮らしでは味わえないところは何でしょうか?

 自然が豊かで、温泉が近くにあり、手軽に行けます。落ち着いて暮らせるところがいいですね。

Q.今住んでいるところで一番気に入っているところはどこですか?

 気に入っているところはたくさんあります。美しい景色、親切な人々、花火や様々なイベントが歩いて行けるくらいすぐ近くで行われています。東京のように人が多くないのでゆったり参加できます。

 また、子供の施設も多く、子育て環境も充実しています。妻はこちらに来て友達もたくさん出来、私以上に楽しく暮らしているようです。

 それに、桑折町は地理的に東京や仙台にも近く、商店もあり生活に不便は感じません。

1人
地図
Q.移住して苦労しているところはありますか?

 特にありません。

Q.移住のためにどのくらいの費用がかかりましたか?

 引っ越し費用ぐらいです。

Q.生活費は移住前に比べてどうですか?

 家賃がない分減りました。野菜なども新鮮で安いです。強いて言えば魚の種類がもう少しあればと思います。

Q.移住前に準備しておいてよかったことはありますか?

 妻がこちらに来る前に車の免許を取っておいてよかったです。

Q.地域との関わりはありますか?

 地域のイベントに積極的に参加しています。また、JAの青年部にも入りました。
 消防団へ入ることも考えています。

Q.これからやってみたいこと。おもしろいと思うことはありますか?

 よい桃を作ることです。桃栽培について叔父や地域の方々の指導の下、よい献上桃を作り、果樹園も大きくしたいです。

Q.次に移住してくる方に出来ることは何ですか?
 農業をしたいと首都圏から来る方にこちらの状況や体験談を話すことが出来ます。また、桑折町のすばらしさを伝えたいです。

Q.こんな人に来てほしいという思いはありますか?

 農業をやりたい方に来てほしいです。

 亀岡さんは8月3日に第二子が誕生し、桃の栽培にもますます熱が入っておられるようでした。

 二人のお子様達も充実した子育て環境で育てられそうだという余裕も感じられました。

 桑折町は美しく、よい町なので皆さん是非来てくださいとだとおっしゃっていました。