ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 会津地方振興局 > あの災害を忘れない平成23年新潟・福島豪雨「あいづの今」

あの災害を忘れない平成23年新潟・福島豪雨「あいづの今」

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月11日更新

平成23年7月新潟・福島豪雨から10年

 平成23年は福島県にとって未曾有の大災害の年でした。1つは3月11日の東日本大震災とその後の原子力災害、もう1つは7月末に発生した新潟・福島豪雨災害。

 新潟・福島豪雨災害は、只見線沿線を中心に大きな被害を受けました。特に、只見線は橋りょうの流出や土砂崩れによる線路の崩壊などにより、会津川口・只見駅間は被災から10年近くが経過する現在でも不通となっており、バスによる代替輸送が続いています。

 今年は、新潟・福島豪雨災害より10年を迎えることから、豪雨災害の記録と復興の「今」を広く発信するため、パネル企画やシンポジウムの開催を予定しています。

あの災害を忘れない平成23年7月新潟・福島豪雨災害から10年「あいづの今」 [PDFファイル/774KB]

シンポジウム

  奥会津地域おこしの一環として、只見線全線再開通50周年記念と令和4年度の復旧工事完了を祈念し、只見線のポテンシャルを再確認し、アフターコロナを見据えた観光誘致など、今後の奥会津の会津地域の振興について、パネリストを招いて議論します。

あの災害を忘れない平成23年7月新潟・福島豪雨災害から10年「あいづの今」シンポジウムチラシ [PDFファイル/518KB]

日時

  令和3年8月25日(水)13時00分~15時00分 ※無観客開催

オンライン配信

  シンポジウムの様子は、当日YouTubeで生配信を行います。下記URLよりご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PDBLAKC_1RA

※シンポジウム終了後、一定期間配信予定です。

タイムスケジュール

  13時00分        開会

  13時05分        知事挨拶

  13時08分~13時25分 動画上映・・・当時の災害状況や復旧にあたった方のインタビュー動画を上映します。

  13時30分~15時00分 パネルディスカッション・・・テーマ「観光資源としての只見線」

              令和4年全線再開通を迎えるJR只見線の魅力と利活用についてディスカッションします。

パネリスト

 髙橋延昌 氏(会津短期大学准教授)

 横山正樹 氏(だんだんど~も只見線沿線元気会議会長)

 酒井治子 氏(只見線地域コーディネーター)

 星 賢孝 氏(奥会津郷土写真家)

 東瀬賢治 氏(JR会津若松駅長)

 髙野武彦 氏(福島県会津地方振興局長)

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。