ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 復興・総合計画課 > 総合計画の進行管理

総合計画の進行管理

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月12日更新

1 進行管理のプロセス

1)第一次評価(福島県)

 福島県総合計画「ふくしま新生プラン」の各章に掲げる施策等の取組状況や進捗状況等について、福島県が自ら確認・評価し、現在の課題や今後の方向性等について “調書”にまとめます。

2)第二次評価(総合計画審議会)

 福島県総合計画「ふくしま新生プラン」の施策の取組状況について、機動的かつ効果的な第三者評価を実施するため、福島県が作成した“調書”をもとに、総合計画審議会等において審議を行います。

3)地域との意見交換(地域懇談会)

 県内各地域において、県民との意見交換の場となる地域懇談会を開催し、地域の声を計画の進行管理に活用します。

4)施策取組状況評価に関する意見書(総合計画審議会)

 総合計画審議会では、審議結果(各委員の意見等)や地域懇談会で出された意見等を意見書としてとりまとめ、福島県に対して具申します。

5)意見具申に対する県の対応方針(福島県)

 総合計画審議会からの意見書に対する福島県の対応方針を示し、事業や取組の見直しや次年度の予算編成に活用します。

6)進行管理結果の報告・公表(福島県、総合計画審議会)

 審議会意見の次年度予算への反映状況等をまとめ、総合計画審議会に報告し、ホームページ等を通じて、県民の皆様などに分かりやすくお伝えします。

 2 進行管理の状況・結果

 ○ 平成30年度 ○ 平成29年度  ○ 平成28年度  ○ 平成27年度  ○ 平成26年度  ○ 平成25年度

 ※ 平成23年度、 平成24年度は、震災の影響を踏まえ復興計画の見直しを実施

 ○ 平成22年度    ○ 平成21年度    ○ 平成20年度    ○ 平成19年度

 ○ 平成18年度

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。