ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

選定ふくしまの水文化

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

選定 ふくしまの水文化~見つめ直そう“ふくしまの水文化”~ 

“水文化”とは、「人々が水を上手に活用し、また、水を制する中で生み出されてきた有形・無形の文化や伝統」です。

具体的には、水にかかわる祭事や信仰、水車や堰などの歴史的施設や工法、水を活用した伝統工芸などがあります。

1.選定の趣旨

 古くから水は地域と密接なかかわりを持っており、各地域が持つ水とのかかわりは、長い歳月の中で「水文化」を醸成してきました。地域と水文化のかかわりは地域独自のものであることから、「水文化」は、その地域が持つ自然環境や社会条件を端的に映し出す“鏡”といわれています。また、長い年月の中で磨き抜かれた“生活の知恵”を内蔵しています。

 ところが近年は、多くの地域で過疎化や高齢化が進み、地域の姿が大きく変貌し、また、農業や林業など水と深く関係した産業が衰退するなど地域と水とのかかわりも大きく変化してきました。地域の個性豊かな水文化は、衰退の方向に向かっていることが心配されています。

 このような地域に伝わる水文化の持つ高い価値に改めて着目し、人と水のつながりを再認識することで、水資源や水環境の保全に関する理解を深め、水を大切に使う意識の醸成を図るとともに、水を介した魅力ある地域づくりを進める一助とするため、“ふくしまの水文化”を選定しました。 

2.選定の方法

 平成22年6月から平成22年9月末までに、応募のあった地域の水文化について、有識者で構成する「ふくしまの水文化懇談会」の専門的な見地からの検討結果を踏まえて選定しました。

3.選定の考え方

 各地域の水文化を再発見することが目的の一つであることから、応募のあった中から、水文化の定義や選定対象に合致しているものを「ふくしまの水文化」として選定しました。

 さらに、選定した水文化の中から、特に価値の高いものを「特に後世に伝えたいふくしまの水文化」として選定しました。                                  

  「ふくしまの水文化」一覧(198件)は こちら(PDF 148KB)           

  「特に後生に伝えたいふくしまの水文化」一覧(61件)は こちら(PDF 168KB)

  「選定 ふくしまの水文化」(全文)は こちら(PDF 632KB)

前沢集落のばったり小屋(南会津町) 前沢集落のばったり小屋(南会津町)

長井坂円形分水装置(大玉村) 長井坂円形分水装置(大玉村)

上川崎の手漉き和紙(二本松市) 上川崎の手漉き和紙(二本松市)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。