ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 自然・環境 > 水資源利用 > 身近に親しめる水辺づくり

身近に親しめる水辺づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

身近に親しめる水辺づくりの事例を紹介します

都市化による土地の高度利用に伴い、まち中の水路が地中化されたり蓋掛けされるなど、身近な水辺空間が減少しています。

 人々が水による安らぎを感じられるようにするためには、川や水路などが本来持っていた人々の日常的な交流や遊び、憩いの場としての機能を確保していく必要があります。

 また、これらを身近で体感することにより、水や川に対する関心が高まり、ひいては水循環の諸課題に対する自主的な取組みにもつながることが期待されます。 ここでは、福島県内での水辺づくりの事例をご紹介していきます。

 会津美里町(本郷地区)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。