ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

節水を心がけましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

節水を心がけましょう

 くらしに欠くことのできない「水」は限りある資源です。地球上で使うことのできる水は全体のわずか0.8%しかありません。 地球の水の大部分(97%)は海にあります。残り3%の淡水も約70%が氷や雪として存在しているので、私たちの使える水は淡水の約30%、したがって地球全体の約0.8%しかないのです。

節水は普段の小さな心掛けから・・・。 大きな豊かさとなって返ってきます。

水道栓の開け閉めはこまめにしましょう。

水は容器にくんで使用しましょう。

(節水の例)

 普段の内容節水方法
歯みがき

水を流しっ放しで歯みがきを30秒間行うと、1回1人で約6リットルの水を使います。

 4人家族だと、朝晩1日2回で月約1,400リットルの水を使います。

水を流しっ放しで歯みがきを30秒間行うと、1回1人で約6リットルの水を使います

歯みがきは、コップ3杯の水(約0.6リットル)で十分できます。

4人家族だと、朝晩1日2回で月約150リットルで済みます。

歯みがきは、コップ3杯の水(約0.6リットル)で十分

洗面・炊事

 蛇口を目一杯開きっ放しで野菜洗いや食器洗いをすると、朝晩2回で月約6,100リットルの水を使います。

蛇口の開きっぱなしはやめましょう

 水をためて野菜や食器を洗うと朝晩2回で月約2,200リットルで済みます。

 また、節水コマを取り付けるとさらに約50%の水が節約できます。

 汚れのひどい食器は事前にふいてから洗うと、使用水量も少なく、下水も汚さずに済みます。

水をためて洗いましょう

洗濯は、ためすすぎしましょう。

(節水の例)

 普段の内容節水方法
洗  濯

 流しっ放しすすぎでは、1回165リットル使います。

 1日1回の洗濯で月約5,000リットルの水を使います。

流しっ放しすすぎでは1回165リットル

 ためすすぎをすれば、1回100リットルで済みます。

 1日1回の洗濯で月約3,000リットルで済みます。

ためすすぎをすれば1回100リットル

洗車の時は、水を容器にくみましょう。

(節水の例)

 普段の内容節水方法
洗  車

 流しっ放しのホース洗いでは、バケツ30杯以上の水を使います。

流しっ放しのホース洗いでは、バケツ30杯以上の水を使います

 バケツ5杯の水で洗車は行えます。

バケツ5杯の水で洗車は行えます

残り湯は再利用するようにしましょう。

(節水の例)

 普段の内容節水方法
風  呂 浴槽は、小さなものでも200リットルの水を使います。

浴槽は、小さなものでも200リットルの水を使います

 残り湯を洗濯やまき水、洗車等に利用すれば、その分が節水となります。特に温かい残り湯の洗濯水への再利用は、洗濯効果も高まります。

残り湯を活用しましょう

このほかにも、こんな心掛けでこんなに大きな節水ができます。

蛇口はきちんと締めましょう。

 蛇口からポタリ、ポタリとしたたり落ちる水滴でも、そのままにしておくと1日約50リットル、1ヶ月で約1,500リットルの無駄になります。

シャワーはこまめに行いましょう。

シャワーを流しっ放しにすると、12リットル×流した時間(分)が使用水量となります。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。