ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 「デジタル技術活用型地域おこし協力隊」を募集します!

「デジタル技術活用型地域おこし協力隊」を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 福島県の西部にある、会津地方は自然、歴史、独特の食文化、会津地方のシンボルの鶴ヶ城や国内有数の景観を誇る猪苗代湖や五色沼周辺の湖沼群など、数々の観光資源に恵まれた魅力あふれる地域です。

 その魅力に惹かれ、毎年多くの観光客が訪れる地域ではありますが、一方で人口減少や高齢化が進んでおり、ほとんどの自治体が、過疎地域など条件不利地域として指定されている状況にあります。

 一方、会津地方は、Ictを活用した課題解決などを目指す動きが盛んな、先進的な地域でもあります。いくつかの自治体においては、行政関連業務に関するDx(デジタル・トランスフォメーション)化や、Ictを活用した教育環境の整備などの動きが活発化し始めています。

 こういった状況を踏まえ、福島県では、会津地方の自治体におけるDx(デジタル・トランスフォーメーション)推進化支援を通じて、地域の活性化を目指すこととしました。

 今回、上記業務について、自らのIctの知識を活かし、会津地方の活性化の一翼を担っていただける仲間を募集します。

 業務については、会津地方の自治体(官)と民間企業(民)共同による、地域の課題解決、新しい価値の創造を目指すための団体である、「會津価値創造フォーラム」のナビゲーションにより活動を行っていただきます。

 なお、本募集要項及び応募履歴書等は、下記よりダウンロードできますのでご覧ください。

会津地方のシンボル「鶴ヶ城」

【会津地方のシンボル鶴ヶ城】

F1

f2

【會津価値創造フォーラムのメンバー】

1 名称、採用予定者数及び活動内容

(1) 名称
   福島県デジタル技術活用型地域おこし協力隊

(2) 採用予定者数  

採用予定者数 勤務地 活動期間
  1名

会津若松市(會津価値創造フォーラム)

令和3年6月以降
※個別に相談に応じます

(3) 活動内容

  デジタル技術活用型地域おこし協力隊として、會津価値創造フォーラムのメンバーや県のスタッフと協力しながら、Dx(デジタル・トランスフォメーション)推進に携わっていただきます。

  これは、教育の充実や高齢者ケアの強化等、様々な課題を抱える自治体に対し、Ict技術を活用した行政関連業務の省力化、合理化の支援を行うものです。具体的にはデジタル化業務に関する仕様書作成の支援(アドバイスなど)や、デジタル化された業務を、自治体の職員や、一般の方々にわかりやすく説明するといった業務が想定されています。

2 募集期間

令和3年4月1日(木曜日)~5月31日(月曜日)

※一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施します。選考の結果、採用候補者が決定した場合は、その時点
  で募集を終了します。

3 募集要項等ダウンロード

4 地域おこし協力隊活動プログラム

下記のプログラムを基本として、デジタル技術活用型地域おこし協力隊の活動に従事します。

リンク集

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。