ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 福島県地域おこし協力隊を募集します!~伝統産業の後継者育成を目指して~(西会津町出ケ原和紙)

福島県地域おこし協力隊を募集します!~伝統産業の後継者育成を目指して~(西会津町出ケ原和紙)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月1日更新

 福島県では、地域で脈々と受け継がれている伝統産業の後継者として、「福島県地域おこし協力隊」を募集します。
 福島県には、多くの伝統産業が地域に息づいています。
 これらは、地域の風土、気候に根ざし、歴史を紡ぎながら独自の産業として受け継がれてきた「宝」であり、「地域住民の誇り」です。
 しかし、現在、都市への人口流出、少子高齢化の流れの中、伝統産業に携わる方々の高齢化、後継者不足が深刻な問題となっています。
 そこで、福島県に残る伝統産業の未来を託す「福島県地域おこし協力隊」を、下記のとおり募集します。
 本募集要項及び応募履歴書等は下記からダウンロードすることができますのでご覧ください。

1 名称、採用に関する情報及び活動内容

(1)名称
   福島県地域おこし協力隊                                                                                                                                                             

(2)採用に関する情報

採用予定者数勤務地伝統産業活動期間年齢要件
1名西会津町

出ケ原和紙

平成30年8月以降
※個別に相談に応じます。
平成30年7月1日現在で年齢20歳以上

(3)活動内容
   地域おこし協力隊の任期終了後、(一社)BOOTと連携し、和紙を活用した商品開発(古民家再生に活用する
 障子や襖等の建築資材等)やアート・デザインへの活用を行い、出ケ原和紙の文化継承と同時に新たな和紙の
 可能性を見出し、独立することが目標となります。
  ・出ケ原和紙に関する基礎知識や基礎的な紙すき技術の習得
  ・出ケ原和紙に関する歴史や文献の調査及び資料や記録の保存
  ・和紙の原料となる地域に自生する楮(コウゾ)の収穫や栽培
  ・出ケ原和紙の商品開発研究(古民家再生に活用する建築資材、アート・デザインへの活用等)、ブランド価値
     の向上
  ・西会津国際芸術村の運営補助(来館者への案内や企画展等の運営補助)

 

2 募集期間

平成30年7月1日(日曜日)~平成31年3月25日(月曜日)

※なお、一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施します。選考の結果、採用候補者が決定した場合は、
  その時点で募集を終了します。

3 募集要項等ダウンロード

  ■福島県地域おこし協力隊募集要項(出ケ原和紙) [PDFファイル/2.46MB]
  ■履歴書(地域おこし協力隊用) [Wordファイル/52KB]
  ■職務経歴書(福島県地域おこし協力隊用) [Wordファイル/30KB]
  ■エントリーシート(出ケ原和紙) [Wordファイル/39KB]
  ■誓約書(西会津町) [Wordファイル/21KB]
 

4 地域おこし協力隊活動プログラム

 下記のプログラムを基本として、地域おこし協力隊の活動に従事します。

  ・地域おこし協力隊活動プログラム(出ケ原和紙) [Excelファイル/27KB]リンク新地町リンク相馬市リンク川内村

リンク集

  総務省(地域おこし協力隊)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。