ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 定住促進連携モデル事業の実施について

定住促進連携モデル事業の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月16日更新

定住促進連携モデル事業とは

 喫緊の課題である過疎・中山間地域の人口減少対策として、定住・二地域居住の推進を図るため、首都圏からのアクセスが良い福島県FIT圏域内をモデルエリアとして、移住・定住を推進する次の事業を実施し、その効果等を広く周知し、県内全域での取組を促していきます。

 【福島県FIT圏域内とは】 

      福島(F)・茨城(I)・栃木(T)の3県の県際地域の広域連携を推進する「FIT構想推進協議会」に参加する次の地域をいう。

       いわき市、県南地域(白河市、西白河郡、東白川郡)、県中地域の一部(須賀川市、岩瀬郡、石川郡)、南会津地域の一部(下郷町、南会津町)

調査委託事業          

移住希望者需要調査

   首都圏在住の東日本エリアへの移住希望者を対象にアンケート調査を実施し、多様化する移住希望者のニーズを把握します。

地域資源調査

  福島県FIT圏域内の市町村、企業等、地域住民にヒアリング調査等を実施し、地域の強み・弱み、地域特性を客観的に捉え直し、移住希望者及び地域住民より「住みたい」、「住み続けたい」と思われる地域づくりを検討します。

   企画提案競技審査結果について

 

定住・二地域居住推進モデル事業

  この事業は、首都圏からのアクセスが良く、地域の受入体制が一定程度整っている天栄村においてモデルケースとして実施するもので、その効果等を広く周知し、他の市町村での取組を促していきます。

     【事業内容に関する問い合せ先】

 天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会

田舎暮らし体験モニターツアー事業

  移住を希望する都市の住民を対象に、その移住希望の意向段階に応じて、農作業体験、移住先住者や地域住民との交流等、田舎暮らしを具体的にイメージできるモニターツアーを実施します。モニタツアーの実施予定は次のとおりです。なお、ツアー毎の詳細な募集要項は随時発表していきます。

     第2回~第4回開催決定!! 秋は美味しいものがいっぱいです。是非参加して下さい。

       New!!【第2回モニターツアー募集案内】 [PDFファイル/620KB](10/10~10/11実施)

       New!!【第3回モニターツアー募集案内】 [PDFファイル/1.33MB](10/11~10/12実施)

       New!!【第4回モニターツアー募集案内】 [PDFファイル/608KB](11/28~11/29実施)

           【モニターツアー実施予定(平成27年9月現在)】

 短期滞在支援事業

  天栄村に移住希望または移住を検討している30~40代の方及びその家族を対象に、短期滞在住宅等を活用した移住先住者や地域住民の先導による就農・就労体験や地域イベントへの参加などの体験活動を実施します。

      New!!短期滞在支援住宅の利用者を募集します。 【詳しくはこちらをクリック!!】 [PDFファイル/1.54MB]

 空き家情報整備事業

  活用可能な空き家の発掘、利用者目線に立った情報の発信、地域住民の空き家活用に対する意識啓発を実施します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)