ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 遊休施設等活用支援アドバイザー派遣事業について

遊休施設等活用支援アドバイザー派遣事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月5日更新

遊休施設等活用支援アドバイザー派遣事業の実施について


目的

 地域資源としての遊休施設等(空き家、廃校、空きビル等)を活用した移住希望者等の受入れ環境の確保を通じた定住・二地域居住の推進を図るため、「遊休施設等活用支援アドバイザー」派遣事業を行います。

応募対象者

○福島県内の市町村または遊休施設等の活用を検討している地域団体(行政区、集落含む。)

 (※)地域団体等の場合は、所在する市町村の担当部署(定住・二地域居住担当)に事前連絡をしてください。

○福島県遊休施設等活用事業補助金採択事業者

概要

○各地域における遊休施設等の活用に当たっての課題の洗い出しやその対応策に対するアドバイス

○遊休施設等の課題解決に向けた各地域団体主催の会議や講演会の講師派遣

○空き家バンク登録促進に向けた勉強会の講師派遣 など

※1市町村・団体当たりの派遣回数は原則2回までとなります。

※募集要領及び具体的なドバイザー派遣の例については、以下のファイルを参照してください。 

 募集要領 [PDFファイル/237KB]

 アドバイザー派遣例 [PDFファイル/1.01MB]

応募方法

 派遣を希望される市町村または団体等においては、添付の申請書をダウンロードの上、必要事項を記入いただき、

以下の申し込み先に電子メールまたはファックスでお申し込みください。

 ※地域団体の申し込みに当たっては、事前に市町村の担当部署(定住・二地域居住担当)に連絡してください。

 申請書【市町村等用】 ※市町村または地域団体(行政区、集落含む。) [Wordファイル/51KB]

 申請書【補助事業採択者用】 ※遊休施設等活用事業補助金採択事業者 [Wordファイル/41KB]

募集期間

 令和元年度9月2日(月曜日)~9月24日(火曜日)

派遣先地域・団体の決定

・申請いただいた内容を基に審査を行い、アドバイザーを派遣する市町村・団体を決定します。

・予算の都合によりお申し込みいただいたすべての市町村・団体に対し、アドバイザーを派遣できない場合があります。また、希望する回数、講師、時期のとおりに派遣できない場合がありますので、あらかじめ御了承願います。

問い合わせ先

 福島県企画調整部地域振興課(定住・二地域居住担当)

 電話番号:024-521-8023

 ファックス番号:024-521-7912

 E-mail:ui-turn@pref.fukushima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。