ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 『震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業』(ジャーナリストスクール開催事業)受講生を募集します

『震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業』(ジャーナリストスクール開催事業)受講生を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月3日更新
令和2年度「震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業」(ジャーナリストスクール開催事業)
 

『ジャーナリストスクール』の受講生を募集しています

小学校5年生から高校生までを対象としたジャーナリストスクールを開催します。
発表会では、子ども達が作った新聞をジャーナリストの池上彰氏に見ていただき、講評をいただきます。

日時    令和3年3月13日土曜日 取材
               14日日曜日 新聞作成
       令和3年3月27日土曜日 交流会及び発表

会場    ○小高生涯学習センター浮舟文化会館 (集合、開校式) 3月13日土曜日
        〒979-2124 南相馬市小高区本町二丁目89-1
        Tel:0244-44-1266
         相双地区各取材場所 (各班に分かれて取材活動) 

       ○いわき海浜自然の家 (新聞作成活動) 3月14日日曜日   
        〒979-0335 いわき市久之浜町田之網字向山53
        Tel:0246-32-7700

       ○富岡町文化交流センター学びの森 (池上先生との交流会及び発表) 3月27日土曜日
        〒979-1151 双葉郡富岡町大字本岡王塚622-1
        Tel:0240-22-2626
       

特別講師  ジャーナリスト 池上 彰 氏

講師     武内 義明氏
        福島民報社・福島民友新聞社の記者の方々

活動内容  ○1 日 目 「取材に行こう!」 
                 ジャーナリストになって取材をしよう!
        ○2 日 目 「新聞をつくろう!」
                 新聞記者の方から記事の書き方を教わろう!
        ○3 日 目 「発表しよう!」
                 池上先生に作った新聞をみてもらおう!
                 「新聞発表会・池上先生との交流会」

対象     県内在住の小学校5年生から高校生まで
             ※3日間の講座参加が原則であり、保護者の同意が必要になります。

定員      20名 キャンセル待ち対応は行いません。

取材予定  相双地区で、震災・原子力災害からの復興・復旧に取り組んでいる個人や団体の方
            

参加費     小 学 生    1,840円(昼食・飲み物代)
           中・高校生      1,860円(  同   上  )

申込期限   令和3年2月1日 月曜日 必着

申込方法  詳細はチラシ・開催要項をご覧ください。 

【開催要項】 [PDFファイル/101KB]

【チラシ】(PDF版)

【申込書】(Word版) [Wordファイル/609KB] 

      (PDF版) [PDFファイル/175KB]

◇新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、皆さんの活動をサポートします。
  また、ジャーナリストスクールを経験した卒業生も皆さんの応援に来てくれる予定
  です。
  皆さんの参加をお待ちしております。


<連絡先>生涯学習課〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 電話:024-521-7404 Fax:024-521-5677 shougaigakushuu@pref.fukushima.lg.jp



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)