ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > オリンピック・パラリンピック推進室 > 聖火リレーを沿道などで観覧する際の感染症対策について

聖火リレーを沿道などで観覧する際の感染症対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月8日更新

聖火リレーを沿道などで観覧する場合、以下の新型コロナウイルス感染症対策にご理解とご協力をお願いします。

沿道で観覧する場合

体調管理マスク距離をとる大声を出さない

  • 沿道における聖火ランナーの⾛⾏の模様は、聖火リレー期間中は毎日インターネットのライブ中継で視聴していただくことが可能です。沿道の密集を避けるために、なるべくライブ中継でご覧ください。
    NHK 聖火リレーライブストリーミング特設サイト
  • Jヴィレッジでのグランドスタート及びリレー(Jヴィレッジ全天候型練習場~Jヴィレッジ駅前)につきましては、一般観覧をお断りさせていただき、関係者のみで実施する予定です。
  • 体調が悪い場合や感染が疑われる場合は、観覧をお控えください。
  • 沿道で観覧される場合は、お住まいに近い場所でご観覧ください。特に、お住まいの都道府県以外での観覧はお控えください。
  • 沿道では、マスクの着用をお願いします。
  • ⼤声を出さずに、拍手による応援や、配布グッズ等を活用した応援をお願いします。
  • 観覧時は前後左右の方と適切な距離を取ってご観覧ください。過度な密集が生じた場合は、リレーを中断する場合がありますので、ご了承ください。
  • 聖火リレー実施後2週間以内に、新型コロナウイルス感染症に感染した場合、組織委員会に速やかにご報告ください。
    torchrelay01(at)tokyo2020.jp(atを@に変換して送信してください)

<体調が悪い場合や感染が疑われる場合>

  • 平熱を超える発熱
  • 咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状
  • だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)
  • 嗅覚や味覚の異常
  • 体が重く感じる、疲れやすい等
  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合
  • 同居家族や⾝近な知⼈に感染が疑われる方がいる場合
  • 過去14日以内に政府から⼊国制限、⼊国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航⼜は当該在住者との濃厚接触がある場合

セレモニー(セレブレーション、出発式、ミニセレブレーション)観覧についての注意事項

(セレブレーションは、各日の最終到着地において聖火の到着を祝うセレモニー。出発式・ミニセレブレーションは、区間内で行われるセレモニー)

  • セレブレーションは、事前予約制です。当日の参加申し込みはできません。出発式、ミニセレブレーションについても、⼈数制限を⾏う場合があります。
    福島県内のセレブレーションについて
  • 体調が悪い場合や感染が疑われる場合は、⼊場することはできません。
  • 受付時の検温と手指消毒にご協⼒ください。体温が37.5度以上ある方は、観覧できません。
  • マスクの着用をお願いします。(マスクを着用しない方は、⼊場をお断りする場合があります)
  • ⼤声を出さずに、拍手による応援をお願いします。
  • ⼈が密集している場所での観覧は、ご遠慮ください。
  • セレモニー観覧後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症に感染した場合、都道府県実⾏委員会に速やかにご報告ください。

聖火リレー全体の新型コロナウイルス感染症対策について

大会組織委員会ウェブサイトをご覧ください。

東京2020オリンピック聖火リレー 新型コロナウイルス感染症対策について

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。