ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消費生活課 > 福島県消費生活センター:成年後見制度

福島県消費生活センター:成年後見制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

《くらしの豆知識》

成年後見制度

 高齢者の消費トラブルが増加傾向にあり、判断能力の低下した高齢者が悪質な勧誘で、次々と健康食品や布団を購入したり、リフォーム工事等を契約してしまったりという相談が寄せられています。成年後見制度を利用していれば、契約を取り消すことが出来ます。判断能力が低下した高齢者の悪質商法トラブル対策の一つとして「成年後見制度」の利用は有効です。

成年後見制度とは

  成年後見制度は、精神上の障害により判断能力が低下した方を保護するため、判断能力を補ってくれる援助者を付ける制度です。ただし、身体に障害があるだけで、判断能力はしっかりしているという場合には利用できません。

  • 任意後見  将来判断能力が低下した場合に備えてあらかじめ自分で援助してくれる人を選んでおく場合です。
  • 法定後見 すでに判断能力が低下してしまった場合に家庭裁判所より援助してくれる人を選任してもらいます。 法定後見には、本人の判断能力に応じて後見、保佐、補助の3類型があります。成年後見人(保佐人、補助人)は、与えられた権限の範囲で、本人に代わって契約などの法律行為を行ったり、財産の管理をしたりします。
類型援助が必要な人の状態援助する人援助される人
後見おおむね判断能力を欠いており、財産管理を自分で行えない場合後見人被後見人
保佐判断能力が著しく不十分であり、財産管理に常に誰かの援助が必要な場合保佐人被保佐人
補助判断能力が不十分であり、財産管理のほとんどを自分で出来るが、難しいことについては援助が必要な場合

補助人

被補助人

手続きについて

  1. 申立て:申立書を家庭裁判所からもらい、添付資料を揃えて提出します。
    • 申立てができる人…本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長
    • 添付資料…申立人の戸籍謄本、本人の戸籍謄本、戸籍附票、登記事項証明書、診断書
    • 類型の選択…医師が作成した所定の診断書により判断
    • 申立て先…本人の住所地の家庭裁判所
  2. 審判手続き:必要に応じ、面接や調査、鑑定が行われます。
  3. 審判:調査や鑑定の結果に基づき、成年後見人等が選任されます。

法定後見開始の審判の申立てに必要な費用について

 申立手数料(収入印紙)

 後見800円、保佐800円(保佐人に代理権を付与する審判または保佐人の同意を得ることを要する行為を追加する審判の申立てをするには、申立てごとにほかに収入印紙800円が必要になります)、補助800円(補助開始の審判をするには、補助人に同意権または代理権を付与する審判を同時にしなければなりませんが、これらの申立てそれぞれにつき収入印紙800円が必要になります)。

 登記手数料(収入印紙)

 後見、保佐、補助それぞれ2,600円。

 その他

 連絡用の郵便切手(家庭裁判所へご確認ください)、鑑定料(ほとんどの場合10万円以下。後見、保佐は原則として鑑定が必要です)がかかります。

 高齢者のご家族のいる方、介護ヘルパー、民生委員の方へ

  • 判断能力の低下した高齢者の相談が寄せられています。成年後見人等は、本人が結んでしまった契約を取り消すことが出来ます。判断能力が不十分な人の失敗を取り消し、本人の保護を充実させる手段として重要です。トラブルになる前にぜひご検討ください。
  • 消費者トラブルについては、消費生活センターにご相談ください。
  • 成年後見制度の利用については、各市町村の窓口(地域包括支援センターなど)にお問い合わせください。
  • 詳しい申立ての手続きや必要書類、費用については、最寄りの家庭裁判所にお問い合わせください。
《福島県内の家庭裁判所の電話番号》
裁判所名担当電話番号
福島家庭裁判所代表

024-534-2156

福島家庭裁判所相馬支部代表0244-36-5141
福島家庭裁判所郡山支部代表024-932-5656
福島家庭裁判所白河支部代表0248-22-5555
福島家庭裁判所会津若松支部代表0242-26-5725
福島家庭裁判所いわき支部代表0246-22-1321

消費生活センターポータルへ   福島県のホームページへ