ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 男女共生課 > 「人権のつどい2016二本松」を開催しました。

「人権のつどい2016二本松」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月5日更新

「人権のつどい2016二本松」を開催しました。

人権について考えるきっかけを提供し、思いやりや助け合いの大切さを再認識してもらうことを目的に「人権のつどい2016二本松」を開催しました。
はじめに、記念講演として福島ホープスの岩村明憲監督に「野球を通して見た世界と人権」と題し、アメリカメジャーリーグで自らが外国人という立場でプレーしていた時の経験談や日本のプロ野球、現福島ホープスでの経験からお話しいただきました。
次に、第36回全国中学生人権作文コンテスト福島県大会の入賞者11名へ表彰を行い、最優秀賞などを受賞された4名の方に作文を発表していただきました。
当日は、約200名に御来場いただきました。このイベントを通して「人権」についての一層の理解が深まれば幸いです。

「人権のつどい2016二本松」ポスター

日時

平成28年12月3日(土曜日) 開場:午前11時30分  開会:午後0時30分

会場

福島県男女共生センター 1階研修ホール(二本松市郭内1丁目196-1)

内容

・福島ホープス岩村明憲監督による基調講演

  日本のプロ野球「ヤクルトスワローズ」やアメリカメジャーリーグ「レイズ」などで活躍し、現在は独立リーグ「福島ホープス」の監督を務める岩村明憲監督により「野球を通して見た 世界と人権」と題し講演を実施します

・全国中学生人権作文コンテスト福島県大会表彰式及び作品発表会

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。