ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活交通課 > 阿武隈急行線のページ

阿武隈急行線のページ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月2日更新

阿武隈急行線について

【通常速度での運転再開】台風19号の影響による阿武隈急行線の運行状況について

 富野駅(福島県)~丸森駅(宮城県)間の営業運転が令和2年10月31日に再開された後も、一部の災害復旧工事が残っていたことから、同区間は減便・減速しての運行を行っていました。

 この度、全ての災害復旧工事が完了したため、令和3年3月13日のダイヤ改正に合わせて、同区間の運行本数を増便し、通常速度で運行となりました。

 改正後の運行ダイヤ等詳しくは、会社ホームページをご確認ください。

 

阿武隈急行線について  

阿武隈急行 阿武隈急行線は、福島市の福島駅~宮城県柴田町の槻木駅までの54.9kmの区間を結ぶ路線であり、昭和43年に開通した旧国鉄丸森線(丸森~槻木)を引き継ぎ、昭和59年に沿線自治体と福島交通(株)が出資する第三セクター鉄道として設立されました。

 阿武隈急行線は、通勤・通学等に欠かすことができない公共交通機関であるだけでなく、福島県側は桃源郷の丘陵地や渓谷、宮城県側はのどかな田園風景が広がるなど、車窓から広がる美しい自然景観が魅力の路線です。
 また、沿線や近隣地域には、花の名所や歴史的建物が多いだけでなく、伊達市の「やながわ希望の森公園」・「保原総合公園」・「スマイルパークほばら」、丸森町の「百々石公園(とどいしこうえん)」・「不動尊公園キャンプ場」、角田市の「台山公園」・「スペースタワー・コスモハウス」、柴田町の「船岡城址公園」など、子どもが楽しむことができる場所も多く、親子でのお出かけにも最適です。

 福島県を含む沿線自治体では様々な支援を行うとともに、阿武隈急行線の利用促進を支援しています。阿武隈急行

 阿武隈急行ホームページはこちらです。阿武隈急行(株) 【外部サイト】 
 

 阿武隈急行株式会社
 〒960-0773 伊達市梁川町字五反田100-1
 Tel 024-577-7132(代表)

イベント情報 

 詳細は会社ホームページをご参照いただくか、会社窓口にお問合わせください。

 

お得なきっぷ情報

 阿武隈急行では、お得な企画きっぷを販売しています。企画きっぷは、いずれも各有人駅(福島、保原、梁川、丸森、角田駅)で販売しています。

 詳細は会社ホームページをご参照いただくか、会社窓口にお問い合わせください。

切符名 発売期間 使用期間 設定区間 価格 内容 備考 
あぶ急
トクだねきっぷ
毎月9のつく日 発売日当日限り有効 フリー区間 大人 900円
小児 450円
900円で全線が1日乗り放題のお得な切符です。  
フリー切符 毎月第1日曜日、元旦、鉄道の日(10月14日)
年14回販売
発売日当日限り有効 フリー区間 大人 600円
小児 300円
600円で全線一日乗り放題のお得な切符です。お出かけや旅行にぴったりです。  
飯坂温泉日帰りきっぷ [PDFファイル] 通年 券面指定の1日に限り有効 阿武隈急行線及び福島交通飯坂線フリー区間

大人1,500円
小児   750円

阿武隈急行線・福島交通飯坂線フリー乗車券+飯坂温泉入浴券がセットになったお得な切符です。前売り切符としてプレゼントにも最適です。  

 

サイクルトレインを実施しています

 阿武隈急行線では、自転車をそのまま電車に乗せることができるサイクルトレインを実施しています。
 自転車を折りたたんで専用のバッグに入れることなく車内に持ち込むことができます。自転車の持込料は無料です。

サイクルトレイン(1)運行時間帯

○平日

(下り線)

 福島駅 10時 7分発 梁川行から

 福島駅 15時28分発 富野行までの間に運行する下り線 17本

(上り線)

 槻木駅  9時58分発 梁川行から

 槻木駅 15時33分発 丸森行までの間に運行する上り線 18本

○休日及び土曜日 上下線とも始発から終電まで

(2)利用区間
   福島駅から槻木駅までの区間


(3)持込料 無料


(4)乗降車できる駅
   阿武隈急行線すべての駅で乗降車可能。(なお、JR槻木駅構内は、専用の袋へ収納願います)阿武隈急行サイクルトレイン
 

新型車両AB900系を運行しています

 全線開業時から運行している現行車両8100系が老朽化したことから、新型車両を導入しました。 新型車両AB900系は、ステンレスの銀色の車体の側面に、阿武急の「A」の文字を施したデザインとなっており、ホーム到着時には、先頭周りのカラーが際立ちます。
 車両の運用予定表は会社のホームページに掲載しています。

 阿武隈急行(株)ホームページ 【外部サイト】

AB900系

出発式

 

 

福島県広報誌「つながる ふくしま ゆめだより」をご覧ください

 福島県の広報誌「つながる ふくしま ゆめだより」8月号の特集で、福島県内の地域鉄道をキビタン掲載しています。
 阿武隈急行線についても掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 ゆめだより8月号 [PDFファイル/12.32MB] 特集「キビタンのわかる県政2~5ページ」
 福島県広報課ホームページ

阿武隈急行全線開通30周年「ロゴマーク」について

       ロゴ

阿武隈急行線は、昭和63年7月1日に全線開通し、平成30年7月に30周年を迎えました。
これを記念し、福島学院大学情報ビジネス科 木村信綱准教授のご指導のもと、学生の皆さんがデザインを考えた中で、阿部菜々子さんの作品がロゴマークとして決定しました。
これからも、地域の皆様に末永く愛される鉄道として走り続けます。

 

 

 

阿武隈急行 鉄道むすめ「丸森 たかこ」

 2018年7月1日にデビューした、鉄道むすめ「丸森 たかこ」。阿武隈急行線の駅「丸森駅(宮城県丸森町)」と「高子駅(福島県伊達市)」が名前の由来です。
 オリジナルグッズは、阿武隈急行線内各有人駅(福島、保原、梁川、丸森、角田駅)で販売しています。

 阿武隈急行ホームページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)