ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活交通課 > 福島県鉄道活性化対策協議会

福島県鉄道活性化対策協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月11日更新

福島県鉄道活性化対策協議会のページへようこそ

当協議会は、東北新幹線及び県内在来線鉄道の利便性の改善及び活性化等により、住民福祉の向上を図るとともに、県土の均衡ある発展を促進することを目的として、平成12年に設立されました。現在、福島県、福島県市長会、福島県町村会及び県内48市町村の計51の機関が参加しています。主に新幹線及び在来線鉄道の利便性等の向上並びにその活性化のために必要な協議、調整のほか、国及びJR東日本等の関係機関に対し、目的達成のため要望活動を行っています。

◇県内を走る鉄道の概要◇

《東北新幹線》

東北新幹線は、東京駅から新青森駅を結ぶ路線です。本県の中通り地方を縦断しており、新白河駅・郡山駅・福島駅に停車します。平成21年3月にSuicaエリアが拡大されましたが、新白河駅においては対応機器が整備されておりません。また、1時間に2~3本のダイヤで運行されておりますが、「はやぶさ」・「はやて」・「こまち」は県内駅に停車する列車がなく、さらに、新白河駅においては、朝の通勤時間を除き、1時間に1本程度のダイヤとなっていることから、施設の整備促進、ダイヤ改正等の要望を行っています。

《東北本線》

東北本線は、上野駅から岩手県盛岡市の盛岡駅を結ぶ路線です。本県の中通り地方を縦断しており、県内の停車駅は白河市の白坂駅から国見町の貝田駅までとなっております。利便性の向上を図るため、駅舎等の施設整備、ダイヤ改正等の要望を行っています。

《常磐線》

常磐線は、上野駅から宮城県仙台市の仙台駅を結ぶ路線です。本県の浜通り地方を縦断しており、県内の停車駅はいわき市の勿来駅から新地町の新地駅までとなっております。東日本大震災及び原子力発電所事故の影響により、楢葉町の竜田駅から南相馬市の小高駅、相馬市の相馬駅から宮城県亘理町の浜吉田駅の区間が不通となっております。早期全線復旧等の要望を行っています。※代行バス等の運行状況はJR東日本仙台支社のホームページで確認願います。下記のリンクからご覧いただけます。

《磐越西線》

磐越西線は、福島県郡山市の郡山駅と新潟県新潟市の新津駅を結ぶ路線です。『森と水とロマンの鉄道』の愛称で親しまれ、県内の停車駅は郡山駅から西会津町の徳沢駅までとなっております。利便性の向上を図るため、新駅の設置、ダイヤ改正等の要望を行っています。

《磐越東線》

磐越東線は、福島県いわき市のいわき駅と福島県郡山市の郡山駅間を結ぶ路線です。『ゆうゆうあぶくまライン』の愛称で親しまれています。利便性の向上を図るため、駅舎等の施設整備、ダイヤ改正等の要望を行っています。

《水郡線》

水郡線は茨城県水戸市の水戸駅から福島県郡山市の郡山駅を結ぶ路線です。『奥久慈清流ライン』の愛称で親しまれ、県内の停車駅は矢祭町の矢祭山駅から郡山駅までとなっております。利便性の向上を図るため、駅舎等の施設整備、ダイヤ改正等の要望を行っています。沿線市町村で構成する水郡線活性化対策協議会(事務局:石川町)においても、利用促進を図るための取組を行っています。

《只見線》

只見線は、福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅を結ぶ路線です。県内の停車駅は会津若松駅から只見町の只見駅までとなっております。平成23年7月新潟・福島豪雨により四つの橋りょうが深刻な被害を受け、金山町の会津川口駅から只見駅間が不通となっております。早期全線復旧等の要望を行っています。沿線市町村で構成する只見線活性化対策協議会(事務局:会津坂下町)においても、利用促進を図るための取組を行っています。※代行バス等の運行状況はJR東日本仙台支社のホームページで確認願います。下記のリンクからご覧いただけます。

《奥羽本線》

奥羽本線は、福島県福島市の福島駅から青森県青森市の青森駅を結ぶ路線です。県内の停車駅は福島駅から福島市の赤岩駅までとなっております。奥羽本線については、現在要望事項がありません。

◇要望事項◇

《東北新幹線》

《東北本線》

《常磐線》

《磐越西線》

《磐越東線》

《水郡線》

《只見線》

【関連リンク】