ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活交通課 > 只見線の利活用

只見線の利活用

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日更新

只見線利活用計画の策定

 只見線の全線再開通を見据え、只見線の利用者数を増加させるとともに、只見線を活用した地域振興を図るため、平成30年3月29日に只見線利活用計画を策定しました。

 今後は、只見線利活用計画に基づき、JR東日本及び新潟県側の協力を得ながら、会津17市町村が一体となって、各プロジェクトを推進していきます。

 只見線利活用計画【概要】 [PDFファイル/482KB]

 只見線利活用計画 [PDFファイル/24.5MB]

 アクションプログラム2018 [PDFファイル/1.16MB]

 a b  c

福島県JR只見線復興推進会議等

福島県JR只見線復興推進会議

開催日時:平成30年3月29日(木)13:30~14:00

場  所:HOTEL SANKYO FUKUSHIMA

議  題:会議資料 [PDFファイル/25.72MB]

 (1)只見線利活用計画について

内  容:

 只見線利活用計画について承認され、今後とも会津全体、そして新潟・福島両県が相互に連携し、利活用の促進、只見線を活用した会津地域の振興に全力で取り組んでいくことを確認した。

 

第8回只見線復興推進会議検討会

開催日時:平成29年12月27日(水)11:00~12:00

場  所:ホテル辰己屋 

議  題:会議資料 [PDFファイル/18.29MB]

 (1)只見線利活用計画について

 (2)その他

内  容:

 只見線利活用計画の素案について、この内容で取りまとめることとし、今後、予算編成作業を経た上で具体的な事業案を計画に盛り込み、年度内に只見線復興推進会議に諮り、成案を得ることができるよう、引き続き議論していくことについて了承された。

 また、その他として、JR東日本仙台支社から、「只見線復旧工事の進捗状況について」報告があった。

 

只見線利活用プロジェクトチーム

 只見線の全線復旧を見据え、福島県、沿線自治体、地域づくり実践者等で構成する只見線利活用プロジェクトチームを設立し、平成29年中を目途に、計画を策定します。

 只見線の利活用および地域振興の指針となる計画を策定し、関係機関が連携しながら、地域が一丸となって効果的に事業を実施することを目指しています。

第5回只見線利活用プロジェクトチーム会議

開催日時:平成30年3月26日(月)10:30~11:45

場  所:会津美里町本郷庁舎ふれあいホール 

議  題:会議資料 [PDFファイル/25.87MB]

 (1)只見線利活用計画(案)について

 

第4回只見線利活用プロジェクトチーム会議

開催日時:平成29年12月19日(火)10:30~12:00

場  所:会津若松市コミュニティ施設 ピカリンホール 

議  題:会議資料 [PDFファイル/4.63MB]

(1) 第8回只見線復興推進会議検討会の開催について

(2) 只見線利活用計画の素案について

 

第3回只見線利活用プロジェクトチーム会議

開催日時:平成29年9月14日(木)10:30~12:20

場  所:三島町交流センターやまびこ 

議  題:会議資料 [PDFファイル/4.09MB]

(1) コンセプト案について

(2) クラウドファンディングの活用について

(3) その他

 

 第2回只見線利活用プロジェクトチーム会議

開催日時:平成29年5月29日(月)10:00~

開催場所:会津坂下町役場

議  題:会議資料 [PDFファイル/2.1MB]

(1) 第1回ワークショップの開催結果について

(2) 只見線利活用計画の策定について

(3) ワーキンググループの設置について

(4) クラウドファンディングの活用検討について

 

第1回只見線利活用プロジェクトチーム会議

開催日時:平成29年1月30日(月)10:00~

開催場所:会津若松市役所

議  題:会議資料 [PDFファイル/1.73MB]

只見線利活用プロジェクトチームの目的・進め方等について

 

<ワークショップ>

 只見線利活用プロジェクトチームの計画策定に際し、地域の声に広く耳を傾け、地域が一丸となって利活用促進に取り組むため、地域住民が主役となるワークショップを開催しています。

第1回・第2回ワークショップ

開催日時:平成29年5月13日(土)、平成29年7月1日(土)

開催場所:金山町 開発センター

テーマ:沿線地域の魅力と課題、沿線地域の目指すべき姿(コンセプト)

ワークショップ1 ワークショップ2

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。