ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 震災・復興 > 震災情報 > 交通・ライフライン > 只見線の早期全線復旧の実現に向けて

只見線の早期全線復旧の実現に向けて

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

只見線の早期全線復旧の実現に向けて

JR只見線(ただみせん)は、福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅を結ぶ東日本旅客鉄道の鉄道路線です。

只見線冬景色

只見線は、住民の方の生活の足であるとともに、今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台である本県と新潟県、首都圏を結ぶ重要な交通基盤です。

只見線紅葉

日経プラスワンの何でもランキングでは、平成15年に「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」第3位に、平成20年に「紅葉が美しい鉄道路線ベストテン」第1位に選ばれるなど、風光明媚な路線で観光客をはじめ多くの人に愛されています。

只見線被災

平成23年7月新潟・福島豪雨により、JR只見線の三つの橋梁が流失し、福島県側の会津川口~只見駅間が現在も復旧されていません。

大切な交通基盤である只見線を支え、早期全線復旧を実現するため、皆さまの積極的なご利用をお願いします。


<関連リンク>