ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 只見線再開準備室 > 企業版ふるさと納税によるJR只見線の利活用への御協力について

企業版ふるさと納税によるJR只見線の利活用への御協力について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月10日更新
2011年7月に発生した新潟・福島豪雨によりJR只見線は大きな被害を受け、現在も会津川口駅~只見駅間の鉄道復旧工事が続けられております。
また、復旧後の持続的な運行に向け、地域が一体となって、只見線の利活用に取り組んでまいりました。
2022年の全線運転再開を見据え、更なる利活用の促進に努めてまいりますので、皆様からの御支援を賜りますようお願いいたします。

1 寄付金の使途

寄附金は、只見線を活用した体験型ツアーや周遊ルートの整備、只見線関連コンテンツの充実化等に活用させていただきます。
沿線地域における日本一の秘境路線と言われる観光資源を活用し、更なる利用者の拡大と認知度向上を図ります。

【寄附企業の公表】

寄附受領の際、御承諾いただける場合には、企業名をプレスリリースいたします。
また、福島県が発行する只見線に関する出版物や只見線ポータルサイトにおいて、寄附企業名を掲載いたします。(出版物は発行時期により掲載できない場合もあります。)
※ 寄附の代償として経済的利益を受け取ることは禁止されています。

2 税制優遇

○国が認定した地方公共団体の地方創生事業に対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
○寄附額は10万円から可能となり、御寄附いただいた企業(福島県内に本社が所在する企業を除く)は、最大約9割の税制上の優遇措置(軽減効果)を受けることができます。
税制上の優遇措置(軽減効果)

3 手続きの流れ

(1) 企業様 「寄附申出書(様式1)」を福島県只見線再開準備室へ御提出
  【郵送先】〒960-8670
       福島県福島市杉妻町2-16 西庁舎10階
       福島県只見線再開準備室 宛
(2) 県   寄附申出書を受領後、「寄附申出承諾書」及び納入通知書を送付
(3) 企業様 納入通知書により寄附金を納入
(4) 県   寄附金の納入を確認後、「受領書」を送付
※不明な点は事前にお問い合わせください。

お問合せ先

福島県只見線再開準備室(企業版ふるさと納税担当)
Tel.024-521-8736 Fax.024-521-7887

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)