ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消防保安課 > 電気工事士免状の交付申請手続について

電気工事士免状の交付申請手続について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月17日更新

電気工事士免状(新規)の交付申請手続について

 電気工事士免状交付申請には下記の書類が必要となりますので、提出される時には、添付漏れがないか十分確認願います。
 福島県知事への申請は、現に福島県内に住民登録(住民票)がある方が対象です。(住民票添付は不要)

必要書類

1 電気工事士免状交付申請書(様式第2(第6条関係))  1枚

 ダウンロード 電気工事士免状交付申請書 [Wordファイル/34KB]          

        電気工事士免状交付申請書 [その他のファイル/35KB]

        電気工事士免状交付申請書 [PDFファイル/149KB]

2 手数料(新規交付)・・・・再交付申請、書換申請は手数料が異なります

 ・第1種電気工事士免状 6,000円

 ・第2種電気工事士免状 5,300円

 (重要)  2019年(令和元年)10月1日より手数料額が変わりました。

  ※「福島県収入証紙」により納入願います。(注意!!!「印紙」ではありません!!!)
   福島県収入証紙売りさばき所については、下記の関連リンクを参照願います。

 ※関連リンク「福島県収入証紙売りさばき所一覧」(福島県出納局ホームページより)

3 写真 2枚

 ※写真のサイズは縦4cm、横3cm。 裏面に氏名を記入してください。

4 実務経験証明書【添付様式】 ・・・・第1種電気工事士免状申請の場合に必要となります。

  第1種電気工事士の免状申請については、申請方法によってこの他に必要な書類がある場合があります。

 ダウンロード 実務経験証明書 [Wordファイル/34KB]

          実務経験証明書 [その他のファイル/27KB]

        実務経験証明書 [PDFファイル/14KB]

        実務経験証明書【記載例・注意点】 [PDFファイル/197KB] ・・必ず確認してください。

 電気工事士法施行規則の改正に伴い、令和3年4月1日以降に申請を行う場合に必要な実務経験の年数は、3年となります。
 詳しくは 「第一種電気工事士免状交付申請にかかる実務経験年数の短縮について」のページを参照してください。

 ※実務経験証明書の内容の事前確認も受け付けております。下記送付先まで連絡先を記入のうえ送付してください。

 送付先 メールアドレス syoubou@pref.fukushima.lg.jp
        FAX   024-521-9829

 ※申請時のよくある質問(FAQ)も掲載しておりますので、御確認ください。

 よくある質問(FAQ) [PDFファイル/134KB]       

5 試験結果通知書

  原本を添付してください。

6 住民票は 「不要」 です

   電気技術者試験センターからの試験結果通知書に、「住民票」が必要な旨の記載がある場合がありますが、「福島県」に申請する場合は必要ありません。ただし、何らかの理由により本人確認が出来ない場合、後日、提出をお願いすることがあります。 

 なお、婚姻等で試験結果通知書と現在の姓が異なる場合は、旧姓と現在の姓がわかる戸籍関係の証明書(履歴事項証明)を合わせて提出してください。

申請書の送付先など  

 ・申請書類は原則、郵送(特定記録又は簡易書留郵便等の記録が残る方法)で提出をお願いします。

   〒960-8670 福島市杉妻町2-16 福島県庁危機管理部消防保安課 あて

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。