ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境共生課 > 小型モビリティ体験試乗会を開催しました。

小型モビリティ体験試乗会を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月16日更新

小型モビリティ体験試乗会を開催しました。

 平成29年10月15日(日曜日)、コミュタン福島秋の祭典において、小型モビリティ体験試乗会を開催しました。

 コミュタン福島に来ていただいた多くの方に、二酸化炭素を排出しない未来の電気自動車を体験していただきました。

小型モビリティ体験試乗会

目的

 福島県では、地球温暖化対策の一つとして、二酸化炭素を排出しない電気自動車などの環境にやさしい次世代自動車の普及促進に努めています。

 電気自動車の良さや楽しさを実感してもらうため、未来の電気自動車(EV)である小型モビリティの体験試乗会を開催しました。

試乗会の様子

モビリティその1

 試乗車は「日産ニューモビリティコンセプト」。2人乗りの電気自動車です。

 現在のところ、市販されていません(公道を走るためには特別な許可が必要です)。

モビリティその2

 ドアは上下に開閉します。左右どちらからでも乗り降りができます。

 シフトチェンジはボタン式で、P(パーキング)がありません。停車時はN(ニュートラル)にします。

モビリティその3

 AT車のようなクリープ現象がないため、ブレーキから足を離しても動き出しません。

 発進するまでのアクセルの踏み加減が通常のAT車とは違う印象です。

モビリティその4

 エンジン音がなく、静かな走りです。

 ドアには窓がないので、寒い日には暖かい服装で乗る必要がありそうです。

モビリティその5

 当日は、約300名の方に試乗体験していただきました。終日大人気でした。

 コミュタン福島にご来場いただき、ありがとうございました。

福島県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて

 福島県では、電気自動車などの次世代自動車の普及促進を図るため、充電スタンドの整備に関する計画を策定しています。

 インフラ整備ビジョンの詳細はこちら。

ZEH、ZEBの普及啓発について

 試乗体験にあわせて、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)に関するチラシを配布しました。

 ZEH、ZEBとは、大幅な省エネルギーの実現と再生可能エネルギーの導入により、年間の1次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅、建築物のことをいい、現在、普及が進められています。