ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境共生課 > 温暖化対策ブックカバー・小冊子の解説

温暖化対策ブックカバー・小冊子の解説

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月10日更新

温暖化対策ブックカバー・小冊子の解説 Q&A

(1) 文庫本ブックカバーについて

Q.1 この柄は何?

 A.1 草花や温度計、うちわ、電気自動車など、エコな柄を中心に福島県が描かれています。

Q.2 この英文は何が書いてあるの?

 A.2 実は、折り返し部分に和訳があります!

Q.3 IPCC第5次評価報告書って何?

 A.3 国際的な温暖化(気候変動)に関する専門機関が出した最新の報告書です。

    気候変動の現状と、今後の予測、気候変動による影響や、それに対する適応について詳細に書かれています。

    気象庁のIPCC第5次評価報告書についてのwebページに日本語訳が掲載されています。

Q.4 福島県の気温も上がる?

 A.4 昨年度、県で行った、「福島県の気候変動と影響の予測」では、2040年頃には現在と比較して約2℃、

    今世紀末には、世界全体の温室効果削減努力によりますが、

    現在と比べて約2℃(世界で最大限取り組んだ場合)~約5℃(現状のままの場合)気温の上昇が予測されました。

    今後は、省エネなどの温室効果ガス排出削減(緩和)と、気候変動への対応(適応)が重要です。

(2) 新書・コミックブックカバーについて

Q.1 それぞれの丸の色は何を表してるの?

 A.1 大きな青い丸は、温暖化対策を頑張っている状態をイメージしています。

    たとえば、エアコンの設定温度を、冬場は20℃、夏場は28℃に設定することが推奨されています。

    一方、中くらいの黄色の丸や小さい赤の丸は、あまりエコでない状態のイメージです。

    青の丸に近づけるように頑張りましょう!

Q.2 緑色の菱形は何を表しているの?

 A.2 気候変動への対応(適応)をイメージしています。

    たとえば、気温が上がると蚊の生息域が広がるので、蚊への対策を行ったり、

    エコに涼しく暮らすため、窓際に緑を育てるグリーンカーテンや、

    エアコンを効かせる時も、ひとりひとりが部屋でエアコンを使うのではなく、

    できるだけ皆で集まって共有する、クールシェアなどが描かれています。

(3) 文芸単行本等ブックカバーについて

Q.1 この絵はどんなコンセプト?

 A.1 みんなで省エネ・再エネ導入等の温暖化対策を行うことで、素敵な福島県になっていくことをイメージしています。

Q.2 「温暖化対策でふくしまをクールに ~緩和と適応~」って?

 A.2 「クール」には、「賢い」という意味もあり、国でもCOOL CHOICE(賢い選択)の取組を進めています。

    ふくしまも賢い温暖化対策を行っていきましょう!

(4) 福島県の気候変動解説小冊子について

Q.1 そもそも、エコたんって何?

 A.1 県の環境保全のキャラクターです。

    県内のエコイベントに参加することもあるほか、マイバッグ推進デーなどでも活躍中です。

    お買い物に行ったときに、レジをよく見ると、レジ袋の削減を呼びかけるエコたんがいるかも……?

Q.2 エコ男が最初に読んでる、「福島県地球温暖化防止活動推進センター リーフレット」って?

 A.2 福島県地球温暖化防止活動推進センターが発行したリーフレットです。

    福島県地球温暖化防止活動推進センターでは「うつくしま地球温暖化防止活動推進員」の養成等、

    温暖化防止に関する取組を行っています。

Q.3 温暖化の将来影響をもっと詳しく知りたい!

 A.3 IPCC第5次報告書(気象庁和訳)に世界全体の気候変動や影響の予測が記載されています。

    「福島県の気候変動と影響の予測」には本県の気候変動と影響の予測を記載していますのでよろしければ御覧下さい。

    また、環境省の「気候変動適応情報プラットフォーム」に、気候変動の影響と適応について詳しく記載されています。

 

(5) ポスター、のぼり

Q.1 「ふく~るしましょう」って?

 A.1 「ふくしま」と「クール」をあわせて作った造語です。

    みんなで、ふく~るしましょう!