ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然保護課 > 南湖県立自然公園

南湖県立自然公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

【主な見どころ】 福島県南部の白河市内に位置し、白河駅南方約2キロメートルにある南湖公園と、東方にある白川城跡の2地区からなる。 南湖は、那須山系を水源とする阿武隈川の支流・谷田川によって形作られた低湿地帯に、享和元年(1,801年)、白河藩主松平定信(楽翁公)が荒れ果てた沼を改修して造った庭園で、日本で初めて四民に開放された公園として知られている。市街地の南約3キロメートルにある南湖のほとりにはアカマツ、サクラ、カエデ、ツツジ等が植栽され、はるかにのぞむ那須連峰を借景として美しい景観を見せている。大正13年(1924年)に国の史跡名勝の指定を受けた。 また、鎌倉時代、阿武隈川沿いの丘陵に築かれた白川城は、霊山・宇津峰とならび東国南朝の拠点となった。その城跡付近にはアカマツが分布し、一部にかつてのアカマツの巨木があるほか、県指定史跡の感忠銘付近にはケヤキ・カエデなどの古木がみられる。 【動植物】 指定植物としてはミズゴケ、トウゴクミツバツツジ、キキョウ、イワタバコ、ノハナショウブなど7科9種がある。 湖畔の松林には吉野山のサクラ、嵐山のカエデなどが混ざり、楽翁公は野にはマツムシ、スズムシを放ち、湖には魚を放流したといわれている。近年南湖では高山植物のオゼコウホネが見つかり、話題を集めた。

南湖


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)