ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然保護課 > 只見柳津県立自然公園

只見柳津県立自然公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

【主な見どころ】 阿賀川と只見川沿いに広がる広大な自然公園で、以下の4つの地区に大きく分けられる。 只見地区には、田子倉ダムの調整池としての機能を持つ只見ダム・滝ダムがあり、夏季は「青少年旅行村いこいの森」でキャンプをすることができる。 沼沢湖地区には、只見川支流に玉梨八町温泉、本流沿いに早戸、橋立、湯倉温泉があり、湖畔東部の平坦地は、野営場、美術館などが整備されている。 柳津・西山温泉地区には、日本三虚空蔵の一つで福満虚空蔵尊を安置してある霊巌山円蔵寺、西山地熱発電所などがある。 阿賀川地区には、萩野漕艇から新潟に至る阿賀川流域一帯で、銚子の口などの景勝地がある。【動植物】 只見地区に広がる森林には、日本一小さいハッチョウトンボをはじめ、希少価値の高い生物が数多く生息する。特にウケクチウグイは、阿賀川水系の本支流部にのみ分布が知られる貴重種で、柳津のウグイ生息地は国の天然記念物となっている。 植物では、会津盆地の阿賀川及びその支流である只見川の扇状地ではアカマツ林が発達し、低地の沖積地には、ヨシに覆われた湿地やハンノキ、ヤナギ類などの湿地林が残存している。 指定植物としては、オクトリカブト、ムラサキヤシオ、カタクリ、ヒメサユリ、ショウキランなど19科49種がある。

只見柳津 沼沢湖


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)