ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 自然・環境 > 大気・水等保全 > 水質汚濁事故の予防について

水質汚濁事故の予防について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月8日更新

 

(1) 水質汚濁事故の状況

 

 

H20年度

H21年度

H22年度

H23年度

H24年度

H25年度  

H26年度

油の流出等

83

94

101

54

72

64

66

魚類のへい死

9

21

14

8

12

125

その他

20

19

30

16

18

1225

112

134

145

78

102

88

96

 

 (2)水質汚濁事故の予防のために

 ◎川を汚さないように注意しましょう!

  川や湖は、私たち人間だけでなく、地球上のすべての生き物にとって大切なものであり、
  良好な水質を守っていく必要があります。
  しかし、側溝や川に油・農薬・工場の廃液などが流出する事故が頻繁に起きており、
  これらの原因の多くは操作ミス、管理不備、交通事故などの人為的ミスです。
  私たち一人一人が、次の点に注意して、水質事故を防ぎましょう。

 給油中はその場を離れないようにしましょう。

 貯油タンク使用後はバルブやコックなどを完全に閉めましょう。

 貯油タンクや排水処理施設は定期的に点検しましょう。

 天ぷら油や農薬等を側溝や川に流さないようにしましょう

 万が一油を流してしまった場合、また、油が流れていることや魚がへい死しているのを発見した場合は、速やかに市町村役場または県の地方振興局に連絡してください。

 

地方振興局の連絡先
  県北地方振興局県民環境部環境課          Tel:024-521-2721
  県中地方振興局県民環境部環境課          Tel:024-935-1503
  県南地方振興局県民環境部環境課          Tel:0248-23-1421
  会津地方振興局県民環境部環境課          Tel:0242-29-3912
  南会津地方振興局県民環境部県民環境課      Tel:0241-62-2062
  相双地方振興局県民環境部環境課          Tel:0244-26-1237

 

事故が発生したら、オイルマットやオイルフェンスを使って、油が下流域へ流れるのを防ぐとともに、回収しています。