ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境創造センター整備推進室 > 環境創造センター(仮称)基本構想について

環境創造センター(仮称)基本構想について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

 平成23年3月に発生した東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故を原因とした放射性物質の拡散により、県内は広範囲に汚染されました。

 本県において、子どもたちをはじめ県民が安心して生活できる環境を一刻も早く実現するため、県内の汚染状況を詳細に把握するとともに、生活環境の迅速な除染が不可欠です。

 このため、本県では国内外の英知を結集して、汚染状況の詳細なモニタリング、放射性物質の動態解明、除染技術の開発、人材育成等に取り組む環境創造戦略拠点を整備することとし、福島県環境創造戦略拠点基本構想検討委員会においてその構想の検討を行ったところです。

  本構想は、検討委員会の報告書を踏まえ、県として環境放射能等のモニタリングや除染技術の開発等に取り組む拠点となる、福島県環境創造センター(仮称)の基本理念、機能と主な取組、整備基本計画等について取りまとめたものです。

 

福島県環境創造センター(仮称)基本構想の概要 [PDFファイル/545KB]

福島県環境創造センター(仮称)基本構想 [PDFファイル/1.16MB]


<連絡先>環境創造センター整備推進室〒960-8670 福島市杉妻町2-16

        電話:024-521-8516 Fax:024-521-7927 kankyou_souzou@pref.fukushima.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)