ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業廃棄物課 > 福島県産業廃棄物処理施設等理解促進支援事業について

福島県産業廃棄物処理施設等理解促進支援事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月10日更新

平成29年度福島県産業廃棄物処理施設等理解促進支援事業の公募について

公募受付期間:平成29年4月10日(月)~6月2日(金)

 福島県では、産業廃棄物をとりまく様々な問題を解決するため、これまで、排出事業者や処理業者等の自主的な取り組みの促進や、法律・条例に基づく規制的手法での施策の拡充を図ってきましたが、循環型社会の形成を一層進めていくため、これらの対策に加え、市場経済の原理に沿った手法として、平成18年4月から産業廃棄物税を導入しました。

 この産業廃棄物税の税収を活用した取り組みのひとつとして、産業廃棄物処理施設等に対する理解を促進する目的で、産業廃棄物処理業者が自らの施設の整備を行う場合や自らの施設を活用した環境教育等を行う場合にその費用の一部を支援します。

 つきましては、平成29年度の募集を下記により行いますので、産業廃棄物処理業者の皆さんのご応募をお待ちしております。

補助対象事業

1 理解促進環境整備事業

  産業廃棄物処理施設等に対する理解促進を目的に行う施設整備等

2 住民理解促進事業

  産業廃棄物処理施設等に対する理解を深めることを目的に、自らの施設を活用して行う環境教育等の取り組み

補助対象者

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」という。)第14条第6項又は第14条の4第6項の許可を福島県知事(福島県内の中核市の長を含む。)から受けている事業者であって、福島県内に産業廃棄物処理施設等を設置している者

補助対象経費

1 理解促進環境整備事業

  構築物費、施設改修費、備品購入費、その他の経費

  例
   (1) 施設の見学コース等の整備
   (2) 研修室の整備や会議室の改修
   (3) スクリーン、机及び椅子等備品の整備  等

2 住民理解促進事業

  消耗品費、報償費、委託料、通信運搬費、リース料、その他の経費

  例
   (1) パンフレット等使用教材の作成
   (2) 見学者用ヘルメット、マスク及び軍手等消耗品の購入
   (3) 白衣、ビーカー及び試薬等実験機材の準備  等

補助限度額・補助率 

1 理解促進環境整備事業

  補助率 2/3以内
  補助額 3,000千円以内

2 住民理解促進事業

  補助率 1/2以内
  補助額 500千円以内

募集期間

  平成29年4月10日(月)~6月2日(金)

応募方法

 所定の計画書に必要事項を記入し、関係書類を添付のうえ、産業廃棄物課長あて郵送または持参にて提出してください。

募集要領

(1)募集要領
  福島県産業廃棄物処理施設等理解促進支援事業実施要領PDF
(2)応募手続き
  平成29年度申し込み手続きPDF
  提出書類チェックシートExcel
  様式第1号Word 一太郎
  別紙1~3Excel
(3)交付要綱
  福島県産業廃棄物処理施設等理解促進支援事業実施要綱PDF
  様式第1号~10号Word 一太郎
  別紙1~3(様式第1号)Excel
  別紙4(様式第7号)Excel

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。