ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市町村除染計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

除染特別地域及び汚染状況重点調査地域

 放射性物質汚染対処特措法では、環境大臣は、国が土壌等の除染等の措置等を実施する必要がある地域を除染特別地域として指定することができ、また、その地域内の事故由来放射性物質による環境の汚染の状況について重点的に調査測定をすることが必要な地域を汚染状況重点調査地域として指定するものとされています。
 除染特別地域及び汚染状況重点調査地域については、現在、環境大臣からそれぞれ11市町村、36市町村が指定されています。

 平成23年12月28日 除染特別地域に11市町村、汚染状況重点調査地域に40市町村が指定される。
 平成24年 2月28日 柳津町が汚染状況重点調査地域に追加指定される。
 平成24年12月27日 昭和村が汚染状況重点調査地域の指定を解除される。
 平成26年11月17日 三島町が汚染状況重点調査地域の指定を解除される。
 平成28年 9月  8日   矢祭町が汚染状況重点調査地域の指定を解除される。
 平成28年11月29日 塙町、柳津町が汚染状況重点調査地域の指定を解除される。

1 除染特別地域(国が除染を実施する区域)

楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村の全域並びに田村市、南相馬市、川俣町及び川内村の区域のうち警戒区域または計画的避難区域である区域  以上11市町村(7町村の全域+4市町村の一部)

2 汚染状況重点調査地域(除染特別地域を除く1時間あたり0.23マイクロシーベルト以上の区域)

福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町及び新地町の全域並びに田村市、南相馬市、川俣町及び川内村の区域のうち平成23年12月13日時点で警戒区域または計画的避難区域である区域を除く区域 以上36市町村

 汚染状況重点調査地域は、その地域の平均的な放射線量が1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上の地域を含む市町村を、地域内の事故由来放射性物質による環境の汚染の状況について重点的に調査測定をすることが必要な地域として、市町村単位で指定するものです。
 指定を受けた市町村は、調査測定の結果に基づき、具体的に市町村内で除染実施計画を定める区域(1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上の区域が対象)を判断することになります。

市町村除染計画

市町村除染計画について

 平成24年1月1日に全面施行された放射性物質汚染対処特措法では、汚染状況重点調査地域に指定された市町村は、事故由来放射性物質による環境の汚染状態が1時間あたり0.23マイクロシーベルト以上(追加被ばく線量が年間1ミリシーベルト以上)の区域について、除染等の措置を総合的かつ計画的に講じるため、市町村内の当該区域に係る除染等の措置等の実施に関する計画を定めるものとされています。
 現在汚染状況重点調査地域指定されている36市町村では、除染実施計画を策定し除染に取り組んでいます。
 詳細については下記のページをご覧ください。
 除染計画策定状況のページ

市町村除染計画策定マニュアル

 県では、市町村が除染計画を策定する際の参考として、計画作成のポイントを記載したマニュアルを作成し、平成23年12月9日に県内全市町村に配布しました。
 本マニュアルの特徴として、除染計画に盛り込むべき下記の事項等について、具体的記載例を示し、分かりやすく解説しています。
・除染対象地域について
・除染の実施主体について
・除染の優先順位について

市町村除染計画作成マニュアル [PDFファイル/507KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。