ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消防学校 > 第20回ファイヤーアスロン

第20回ファイヤーアスロン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新
第20回ファイヤーアスロン

 福島県消防学校のいわゆる名物となっている訓練のひとつ、このファイヤーアスロンは、消防職員初任教育の学生が、授業内で習得した知識や訓練技術を総合的・応用的に実践し、今後の現場活動において求められる知識、技術、強い精神力を養うことを目的として、毎年実施しています。

 記念すべき20回目となる今年は9月7日(木曜日)に開催し、第79期消防職員初任教育の学生75名が4人1組(一部3人1組)となって実施しました。

 当日は、あいにくの雨模様となりましたが、徒手搬送、要救助者搬送訓練、ホース延長、放水訓練、体力鍛錬、救急訓練、梯子搬送訓練、着衣泳訓練など、学生たちは日頃から培ってきたチームワークで息を合わせてやり抜き、その持てる力を出し切って全チームが無事にゴールしました。

競技風景

スタート

スタート

徒手搬送

徒手搬送(傷病者を背負って搬送する訓練です。平地も階段もあります。)

要救助者搬送

要救助者搬送(学校敷地をほぼ一周、舟型担架を4人で搬送します。)

ホースカー曳行

ホースカー曳行(いち早く消火活動を行うため、全速力でホースカーを引きます。)

放水訓練

放水訓練(前方の火元に向けて放水を行います。)

体力鍛錬

体力鍛錬(けんすいを行います。)

体力鍛錬

体力鍛錬(馬跳びを行います。)

救急訓練

救急訓練(胸骨圧迫、心臓マッサージを行います。)

梯子搬送訓練

梯子搬送訓練(三連梯子を持って、学校敷地をほぼ一周します。)

着衣泳法

着衣泳訓練(水難救助のため、着衣のまま25メートルを泳ぎます。)

ゴール

ゴール(訓練後の疲れと達成感を味わっています。)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。