ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健福祉総務課 > 【旧計画】福島県 保健・医療・福祉 復興推進特区について(平成29年1月23日まで)

【旧計画】福島県 保健・医療・福祉 復興推進特区について(平成29年1月23日まで)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

平成24年4月20日に「福島県保健・医療・福祉復興推進計画」が、東日本大震災復興特別区域法に基づき、内閣総理大臣から認定されました。

その計画の概要については、下記のとおりです。

1 計画作成主体と区域

(1)計画作成主体 : 福島県

(2)計画の区域 : 県内全域

2 目標

(1)地域医療の再生復興の円滑かつ迅速な推進のために必要な医療を担う病院を確保する。

 

(2)高齢者福祉サービスの再生訪問リハビリテーション事業、介護老人福祉施設、介護老人保健施設等の人員配置基準等を緩和することにより、被災地における介護・福祉サービスを確保する。

3 特例措置の主な内容

(1)  地域医療確保事業

ア 配置すべき医療従事者数の計算に当たり、入院患者の数等については、地域の実情に応じ、妥当な方法により計算された数を用いることができる。

イ 医師配置標準については、通常の90%相当に緩和する。(ただし、医師3人は下回らないものとする。)

 

(2)「訪問リハビリテーション事業所整備推進事業」及び「介護予防訪問リハビリテーション事業所整備推進事業」

  指定訪問リハビリテーションを適切に行うと知事が認めるものについて、開設主体を病院、診療所等に限定しない。

 

(3)介護老人福祉施設等整備推進事業

  病院、診療所等との密接な連携を確保し、入所者に対する健康管理及び療養上の世話を適切に行うと知事が認めるものについては、医師を配置しないこととすることができる。

 

(4)介護老人保健施設整備推進事業

  病院又は診療所との密接な連携を確保し、入所者に対する看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練等を適切に行うと知事が認めるものに対する医師の配置基準については、当該施設の実情に応じた適当数とする。

4 計画書と手続き方法

 ○福島県保健・医療・福祉復興推進計画(PDF:404KB)

 ○別紙〈4(1)イ関連〉(PDF:138KB)

事業名(事業名クリックで手続きページへ)

問合先  

地域医療確保事業 (PDF:39KB)

 別紙(様式第5号関係)Excel:31KB

地域医療課 024-521-7238

訪問リハビリテーション事業所整備推進事業 介護予防訪問リハビリテーション事業所整備推進事業(PDF:407KB) 

様式(別表、第1号様式、付表4、参考様式第1号、参考様式第6-1号)Excel:108KB

様式(参考様式第9-1号)Word:32KB

様式(参考様式第10号)Word:50KB

様式(参考様式)Excel:12KB

様式(様式第1号、別紙1、別紙1-2)Excel:400KB

介護保険室 024-521-7745

介護老人福祉施設等整備推進事業、介護老人保健施設整備推進事業(PDF:23KB)

   様式(特養、老健)Word:46KB

高齢福祉課 024-521-7163

WORD・EXCEL・一太郎・PDFファイルを閲覧の際は、下記リンク先のダウンロードサービスをご利用ください。各種ビューア及びリーダーのダウンロードサービスへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)