ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 子育て・医療・福祉 > 保健・医療 > 国民健康保険 > 医療機関等での窓口での支払いが不要となる場合があります〔台風第19号関係〕

医療機関等での窓口での支払いが不要となる場合があります〔台風第19号関係〕

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月25日更新

令和元年台風第19号で被災された方へ

 医療機関などで診察を受ける際に、医療機関等の窓口で、次の1~5のいずれかに該当する旨を申告すれば、窓口での支払いは不要です。

 1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をした旨
 ※ 罹災証明書の提示は必要なく、窓口での口頭申告で構いません。
 2.主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負った旨
 3.主たる生計維持者の行方が不明である旨
 4.主たる生計維持者が事業を廃止し、または休止した旨
 5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

 ※ 入院・入所時の食費・居住費などはお支払いいただく必要があります。 
 ※ 医療機関等の窓口で申告された内容について、後日、ご加入の保険者から確認が行われることがあります。

 一部負担金の支払いが不要となるのは、災害救助法の適用市町村に住所を有する方であって、次の保険者に加入されている方です。

  ・ 市町村国保(対象保険者は以下のとおり。)
   令和元年台風第19号の被災者の皆さまへ(令和元年10月23日12時時点) [PDFファイル/572KB]
 ・ 後期高齢者医療
 ・ 福島県医師国保組合
 ・ 全国健康保険協会
  上記以外に、一部の健保組合についても猶予される場合があります。

 詳しくは、ご加入の保険者(国民健康保険の場合はお住まいの市町村)にお問合せ下さい。

 介護保険の利用料についても、同様の免除措置があります。
 この取扱は、令和2年1月末までです。

 【お問合せ先】
 福島県保健福祉部国民健康保険課
 電話番号:024-521-7204
 Fax番号:024-521-7933
 メール:kokuminkenkouhoken@pref.fukushima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。