ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

義援金の税法上の措置

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

義援金は、税法上、下記のとおり取り扱われます。

なお、郵便振込又は銀行振込(振替、払込を含む)により、義援金取扱口座へ送金いただいた場合は、控えとしてお手元に残る振込金受取書(受領書)又は郵便振替受領証の原本に「義援金について」のページの写しを添付し、寄附金控除又は損金を受けるための証明書にかえることができます。

  1. 所得税法第78条第2項第1号の規定に基づく寄附金控除(2千円を超える分)
  2. 地方税法第37条の2第1項第1号及び第314条の7第1項第1号の規定に基づく寄附金控除 (2千円を超える分)
  3. 法人税法第37条第3項第1号の規定に基づく損金

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。