ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 子育て支援課 > 認可外保育施設の設置届出等について

認可外保育施設の設置届出等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月17日更新

認可外保育施設の届出等について

児童福祉法の改正により、認可外保育施設や認可外訪問型保育事業(ベビーシッター)について、都道府県知事への届出が必要となる1日に保育する乳幼児の人数が、平成28年4月以降、6人から1人に引き下げられました。 (ただし、臨時に設置される場合等は除きます。)
詳細については、下記の厚生労働省作成のリーフレット、及び掲載内容をご確認ください。

1人でも乳幼児を保育する(預かる)事業を行う皆様へのお知らせ [PDFファイル/119KB](厚生労働省作成)

1.設置の届出等

認可外保育施設を設置した事業者は、都道府県知事(中核市においては市長)に届出が必要です。
届け出た事項に変更があった場合、または事業を休廃止した場合も同様となります。
届出を怠った場合や虚偽の届出をした場合には、過料が課せられます。

2.運営状況の定期報告

指導監督の対象となるすべての施設が、毎年、都道府県知事が定める日までに施設の運営状況を報告する必要があります。
また、施設において事故などが生じた場合や長期滞在児がいる場合にも、都道府県知事への報告が必要です。

3.利用者に対する情報提供

(1) サービス内容の掲示
利用者に施設の概要や提供するサービス内容を掲示することが必要です。
(2) 利用者に対する契約内容等の説明
申し込みがあった場合、契約の内容等について説明するよう努める必要があります。
(3) 利用者に対する契約内容等の書面交付
利用契約が成立したときは、内容を記載した書面を交付することが必要です。

届出対象施設と指導監督対象施設

1.指導監督対象施設について

県(中核市に所在する施設については中核市)が実施する指導監督の対象となる施設は、すべての認可外保育施設です。

2.届出対象施設について

(1) ベビーホテルなどの幼児を預かる施設
(2) 事業所内保育施設のうち従業員の乳幼児以外に乳幼児を預かる施設
(3) 店舗等において顧客の乳幼児を対象にした一時預かり施設のうち、顧客の乳幼児以外に乳幼児を預かる施設
(4) 臨時に設置された施設のうち、6ヶ月を超えて設置される施設
(5) 親族間の預かり合いのうち、親族の乳幼児以外に乳幼児を預かる場合

問い合わせ先

福島県保健福祉部子育て支援課、または最寄りの福島県保健福祉事務所健康福祉部

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。