ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康増進課 > HIV・エイズについて

HIV・エイズについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月10日更新
 HIV・エイズについて

HIV・エイズのキーワード

HIV・エイズ

  • HIV

     ヒト免疫不全ウイルス(Human immunodeficiency virus)というウイルスです。 HIVに感染しても数年以上自覚症状はありませんが、その間に体を病気から守る免疫力が徐々に破壊されていきます。 HIVの主な感染経路は性行為(セックス)で、性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通して感染します。 性行為での感染は、コンドームを正しく使用することで防ぐことができます。

  • エイズ(AIDS)

     後天性免疫不全症候群(Acquired immunodeficiency syndrome)という感染症(病気)です。 HIVに感染して徐々に免疫力が落ちていった後、代表的な指標となる疾患(ニューモシスティス肺炎等)が発症するとエイズ発症と診断されます(HIV感染=エイズということではありません)。 現在はさまざまな治療薬が出ており、きちんと服薬することでエイズ発症を予防することが可能になっています。

やじるし エイズQ&A (API-Net エイズ予防情報ネットのページへ)

レッドリボン

 エイズに対する理解と支援の象徴です。 このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズをみんなで考えましょう。

やじるし レッドリボンについて (公益財団法人エイズ予防財団のページへ)

世界エイズデー

 世界エイズデー(World AIDS Day)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定し、その後UNAIDS(国連合同エイズ計画)が継承した活動で、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。 本県でも、保健福祉事務所を中心に、街頭での周知活動等の啓発活動を行ってます。

やじるし 世界エイズデーについて

HIV・エイズに関する相談・検査

県内の各保健所・保健福祉事務所では、無料・匿名での相談やHIV検査を実施しています。

やじるし HIV・エイズに関する相談検査について

エイズに関する専門カウンセリング

 エイズ治療中核拠点病院である公立大学法人福島県立医科大学附属病院において、HIV感染者・エイズ患者及びその家族等を対象に、安心して適正な治療を継続していただくための専門カウンセリングを実施しています。

やじるし エイズ専門カウンセリング (公立大学法人福島県立医科大学附属病院のページへ)

エイズに関する出前講座

 各保健福祉事務所では、エイズに関する正しい知識や予防の普及啓発のため、出前講座を実施しています。

やじるし エイズに関する出前講座について