ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 【新型コロナ】PCR検査可能検体数について

【新型コロナ】PCR検査可能検体数について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月9日更新

 新型コロナウイルス感染症に関するPCR検査可能検体数の変更について

 新型コロナウイルス感染症に関するPCR検査可能検体数については、これまで2,004検体としてきたところですが、12月9日(水)より2,204検体と変更します。

変更内容について

 ○ 変更前:2,004検体
   (行政検査可能検体数(832)+保険診療検査可能想定検体数(1,172))
     ・行政検査の内訳  :県衛生研究所、中核市保健除、県立医科大学、民間検査機関に行政検査として確保した検査可能検体数
     ・保険診療検査の内訳:病院から民間検査機関へ外注して検査する検体数(587)
                  検査機器を有する県内医療機関が実施する検体数(585)

 ○ 変更後:2,204検体
   (行政検査可能検体数(1,032)+保険診療検査可能想定検体数(1,172))  

 ○ 現在、行政検査の可能検体数は、臨時的には1,400程度まで増加させることが可能となっています。