ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 結核予防週間について

結核予防週間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月7日更新

結核予防週間について

 毎年9月24日から30日までを「結核予防週間」として、国や関係団体と共に、結核予防に関する普及啓発などを行っています。
 この機会に結核に関する正しい知識についてご確認ください。

期間・標語

9月24日~9月30日(毎年)

平成28年度結核予防週間標語
『知ってますか?「結核」が、現代の病気だってコト』

 ポスター

結核の現状

福島県内では、平成27年に188名の方が新たに結核を発症しています。

結核は、決して過去の病気ではありません。

結核の初期症状

このような症状が出たときは、結核も疑って早めに医療機関を受診しましょう。

・せきやたんが2週間以上続く
・たんが出たり胸の痛みがある
・微熱や体のだるさが2週間以上続く
・急に体重が減る

胸部レントゲン検査

健診等で胸部レントゲン検査の精密検査が必要となった場合は、自覚症状がなくても必ず受診しましょう。

他の人への感染を防ぐため、早期発見、早期治療が重要です。

発見されにくい高齢者の結核

福島県では、平成27年に188名の方が新たに発症し、そのうち約7割が65歳以上の方です。

65歳以上の方は、年に1回胸部レントゲン検査を受けましょう。

せき・たん などの目立った症状が現れにくいのが、高齢者の結核の特徴です。食欲がない・元気がない・体重の減少・微熱・寝汗などの症状しか出ない場合があります。日頃から健康状態に注意しましょう。

結核の予防

結核は免疫力の低下などで発症するので、普段から健康的な生活を心がけましょう。

   ・睡眠を十分にとる

   ・適度に運動をする

   ・好き嫌いをせず、バランスのとれた食事をする

関連リンク

結核(厚生労働省ホームページ)

公益財団法人結核予防会ホームページ

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。