ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 令和3年度医療施設等施設整備費補助金(有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業)に係る事業を募集します

令和3年度医療施設等施設整備費補助金(有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業)に係る事業を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

令和3年度医療施設等施設整備費補助金(有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業)に係る事業を募集します

内容

 県では、国の医療施設等施設整備費補助金交付要綱に基づき、スプリンクラー等を整備する事業に対する補助を行っています。
 令和3年度に整備を行い、本補助金の交付を希望する場合は、令和2年7月31日(金曜日)までに事業計画書等を提出してください。

補助対象施設

 (1)診療所、病院、助産所のうち病床または入所施設を有している棟
 (2)平成26年10月に公布された消防法施行令の一部を改正する政令(平成26年政令第333号)等に
   より新たに整備義務の生じた施設、若しくは設置する義務は生じていないが、防災対策のために自主的に
   整備を実施する施設  

補助対象事業

 (1)スプリンクラーの整備
 (2)自動火災報知設備の整備
     ※以下のア~ウのすべてを満たす場合のみ補助対象となります。
       ア 延べ面積が300平方メートル未満であること。
       イ 現に住宅用防災警報器(連動型)が設置されていること。
       ウ 現に設置されている住宅用防災警報器は、交換期限(自動試験機能付きのものについては、
        機能の異常が表示されるまでの期間と製造年から10年間のいずれか短い期間とする)を超えて
          いないものであること。

補助額

 (1)スプリンクラーの整備
     当該施設(棟)の対象面積に次に掲げる基準単価を乗じた額とし、消化ポンプユニットを整備する
    場合は、(1)、(2)に限り1施設当たり2,019千円を加算します。
     (1)通常型スプリンクラー      対象面積(平方メートル)×19,900円
     (2)水道連結型スプリンクラー    対象面積(平方メートル)×19,200円
     (3)パッケージ型自動消火設備    対象面積(平方メートル)×23,200円
     (4)消防法施行令第32条適用設備  対象面積(平方メートル)×22,600円
      ※なお、令和2年度より補助率(1月2日)、基準額が改正されていますのでご注意ください。
 (2)自動火災報知設備の整備       1施設あたり 1,050,000円

提出書類

 (1)スプリンクラー等施設整備事業計画書(別紙様式 [その他のファイル/539KB]
 (2)補助対象面積等が読み取れる整備図面(平面図)
 (3)工事に係る見積書

提出先

 〒960-8670 福島市杉妻町2番16号 福島県地域医療課 主事 山口 宛

参考

 ・有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業概要 [Wordファイル/18KB]
 ・医療施設等施設整備費補助金交付要綱 [Wordファイル/165KB]
 ・有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業実施要綱 [PDFファイル/82KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。