ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県の医師数

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月7日更新

県内病院に勤務する常勤医師数の推移

県内病院に勤務する常勤医師数

医師・歯科医師・薬剤師統計の結果(厚生労働省統計)

本県の医師数の状況

平成30年医師・歯科医師・薬剤師統計の結果によると、本県の医療施設に従事する医師数は204.9人/10万人で全国第41位となっています。
全国平均は246.7人/10万人のため、本県の医師数は41.8人/10万人も少ない状況にあります。
また、二次医療圏別でみると、県北医療圏以外は全国平均を大きく下回っています。

県内医療施設従事医師数の推移(二次医療圏別) [PDFファイル/229KB]

 小児科医、産科医及び麻酔科医の状況

小児科・産婦人科・麻酔科については、いずれの診療科も人口10万対医師数が全国平均を下回っており、平成30年調査結果においては全国順位が40位前後にあり、医師不足が深刻な状況です。

小児科・産婦人科・麻酔科の医師数の状況 [PDFファイル/288KB]

 臨床研修医数の推移

新臨床研修医制度が平成16年度より導入され、医学部卒業生が地方から大都市圏へ流出し、その影響により大学病院の医師不足、さらに地域の中核病院での医師不足が深刻化しています。
令和3年度の県内臨床研修医の採用者数は112人で4年連続100人以上と増加傾向にありますが、募集定員に対する採用者数の割合(定員充足率)は、68.3%と依然厳しい状況が続いています。

年度 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31 R2 R3
採用者数(人) 78 68 81 84 76 70 72 69 56 77 91 83 99 94 118 121 101 112

※ 令和3年度採用者数112人の内訳
  [県内出身者 46人 (福島県立医科大学卒業生 34人 それ以外 12人)]
  [県外出身者 66人 (福島県立医科大学卒業生 41人 それ以外 25人)]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)