ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 子育て・医療・福祉 > 保健・医療 > 医療機関等 > 技術指導型在籍出向支援事業補助金について

技術指導型在籍出向支援事業補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月1日更新

  相双地域の医療機関における看護の質の向上のため、看護職員を在籍出向させ、研修会等を通して技術指導を実施した場合に、出向元等が負担する人件費を補助します。

補助事業の内容

技術指導型在籍出向支援事業補助金交付要綱 [PDFファイル/212KB]

イメージ図 [PDFファイル/158KB]

1 対象施設
  相双地域の病院等へ看護職員を在籍出向させる病院等または在籍出向させる病院に対して人員補充を行う病院等

  (イメージ図参照)

2 対象出向者
  保健師、助産師、看護師、准看護師

3 補助対象経費
  ・出向元もしくは人員補充を行う病院等が負担する人件費(賃金、手当、社会保険料等)

  ・相双地域の病院等へ赴任に要する経費もしくは在籍出向させる病院へ人員補充として赴任する際に要する経費

4 補助基準額
  ・人件費:月額463,000円

  ・赴任に要する経費:県内から299,000円、県外から393,000円

5 補助率
  10分の10以内

6 補助金算定
  補助対象経費と補助基準額を比較し、少ない方の額に補助率を乗じた額を補助金額とします。   

補助金の申請

 申請を検討されている病院等は医療人材対策室 看護職員確保担当(024-521-7222)まで御連絡ください。

 なお、必要書類は下記のとおりです。

 (1)第1号様式(交付申請書)

 (2)第2号様式(研修計画書)

 (3)第2号様式別紙(事業要望書)

 (4)第3号様式(事業計画書)

 (5)第3号様式附表

 (6)第4号様式(収支予算書)

 (7)出向契約書等

 【様式のダウンロードは以下からお願いします】

 様式1,2,4~8,10,11 [Wordファイル/71KB]

 様式3,9 [Excelファイル/39KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。