ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「看護の出前講座」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月1日更新

「看護の出前講座」を開催します

 この事業は、小学校・中学校・高等学校に看護職員が出向いて、いのちの大切さや看護の仕事に関する授業を行うことで、生徒にキャリア形成や看護職への理解を促すことを目的としたものです。

 1 内容

    いのちの大切さ、看護職の仕事内容と魅力、看護技術(心音聴取、血圧測定等)の体験など

 2 対象

    福島県内の小学校・中学校・高等学校

 3 実施方法

    出前講座を希望する学校は、まず福島県看護協会へお問い合わせください。チラシはこちら [PDFファイル/481KB]

    ※開催希望日の2ヶ月前までにお申し込みください。

 4 費用

    無料

 5 昨年度参加した生徒の声(一部抜粋) 

 ・看護は、その人らしく生きることを医療と生活の両面から支える奥の深い仕事で、やりがいがある仕事だと思いました。    

  ・ 看護師は、沢山の職種の人と仕事をするから、チームワークが大切だとわかりました。

 ・お話を聞いて一番分かったことは、自分のことを大切にすること、お母さん、お父さんに感謝することです。生きるということは大切だとわかりました。これからは感謝の気持ちをもって生活したいと思います。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。