ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 動物の愛護及び管理に関する法律施行条例の一部を改正しました。

動物の愛護及び管理に関する法律施行条例の一部を改正しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月29日更新

改正の概要

 動物愛護センター、同会津支所及び同相双支所から犬又は猫を譲り受ける方から、手数料をいただくため、福島県動物の愛護及び管理に関する法律施行条例の一部を改正し、新たに「犬又は猫の譲渡手数料」を設けました。

福島県動物の愛護及び管理に関する法律施行条例の改正内容

 動物愛護センター、同会津支所及び同相双支所から譲渡する犬、猫については、獣医師である職員が性格や健康状態を確認し、ワクチン接種(犬 5種混合、猫 3種混合)や寄生虫駆虫薬を投与してからお譲りしていましたが、これらの処置に加え、新たな検査を追加することにしました。
 そのため、検査等に係る費用の一部として、犬又は猫を譲り受ける方から、令和3年6月1日より譲渡手数料をいただきます。

【譲渡する犬、猫に実施する検査項目】
  検査項目
フィラリア検査(犬糸状虫成虫抗原検査)
猫エイズ・猫白血病検査(ネコ免疫不全ウイルス抗体/ネコ白血病ウイルス抗原検査)

 

【犬又は猫の譲渡手数料の額】

   
1頭につき4,000円
1匹につき4,000円

 

施行日

 

令和3年6月1日から施行します。

 

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。