ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 動物・ペット > ペット・狂犬病予防 > 動物愛護に関する様々な取組の紹介

動物愛護に関する様々な取組の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月1日更新

 福島県が実施している、動物愛護に関する様々な取組を紹介します。

 飼い犬のしつけ方教室

 各保健福祉事務所では、県民の方を対象に、家庭犬のしつけ方や飼養管理に関する講習会を開催しています。この「しつけ方教室」の受講者の中から希望者を募り、動物愛護ボランティアとして養成し、動物適正飼養普及啓発活動等に協力をお願いしています。
 「飼い犬のしつけ方教室」受講を希望される方は、最寄りの保健福祉事務所等に御連絡ください。

小学校への獣医師派遣事業

 低年齢時から動物を飼ったり、動物に親しむことは、心の豊かさや動物愛護の精神を養うことにつながります。
 各保健福祉事務所では、職員を小学校に派遣して、動物の飼い方の指導や相談受付をしています。また、実際に学校で飼育している動物を用い、取扱方法や本能・習性等について教えています。さらに、適切な飼育環境についても教えています。

犬・猫の譲渡

 各保健福祉事務所では、引き取った犬・猫や捕獲した犬を、譲り受けを希望される県民の方に譲渡しています。譲り受けを希望される方は、「県内全域の犬、猫に関する情報」に関連情報が掲載されていますので、是非御覧ください。
 詳しくは、最寄りの保健福祉事務所に御連絡ください。

 また、福島県では、平成26年度より、不定期で犬・猫の譲渡会を開催しております。これまでの譲渡会の結果はこちら [PDFファイル/72KB]

犬・猫の飼い主探し支援事業

 やむを得ず飼えなくなった場合、各保健福祉事務所では、犬・猫、子犬・子猫の新しい飼い主を探すお手伝いをしています。
  詳しくは、最寄りの保健福祉事務所に御連絡ください。

避妊・去勢のすすめ

 生まれた、すべての「子犬」「子猫」を飼うことはできません。不幸な「子犬」「子猫」が生まれてくるのを防ぐために、『避妊・去勢手術』をおすすめします。

  

 


動物愛護のページトップへ食品生活衛生課トップへ

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)